老人が窓から、戦火で荒れ果てた風景を眺めている。ソファに座り込み頭を抱える。
周囲の住民はみんな避難し、残るのはこの家族だけ:老人と息子の嫁、その子供2人、家政婦さん。子供の友達2人、そして階上に住む若夫婦+赤ちゃんが居候している。
ドアには太い木材が渡され、10人が息をひそめて新しい一日を生きようとしている。

映画『Une famille syrienne/あるシリアの家族』

銃声や爆発音の度に窓にかけより、住人のいないアパートを略奪する人たちの足音に怯える。水道は止まり、電話もなかなか通じない。

建物を揺るがす空爆。一番奥まった台所に避難する。
中央が、10人の住人を仕切る”息子の嫁”。息子(つまり彼女の夫)はどこかに出かけてまだ戻ってこない。

映画『Une famille syrienne/あるシリアの家族』

ここでは生きられない。若夫婦の夫は“渡し屋”と話をつけ、夜には国外逃亡するつもりだ。

ここを離れられない、と思うのは老人と息子の嫁。アパートは大きく、裕福な暮らしだったことが窺え、食器棚の上に並ぶ写真が家族の歴史を物語る。平和で幸せだった日々の名残を捨てていくことはできない。
一家を仕切る息子嫁は、家族が食事をしてなんとか一日が過ごせるようにイライラと動き回る。

『Une famille syrienne/あるシリアの家族』は、シリアのどこか-アレッポかダマス?-の、アパートの中の24時間を描いている。

映画『Une famille syrienne/あるシリアの家族』
photos: allociné

ハラハラの1時間半、どんなサスペンス映画より怖い。
メランコリックな優しさの老人、性格はきついけどすべてに気を配る母、不便な生活と戦闘の怖さを我慢する子供たち・・・すべてがリアル。観客はスナイパーの音に息を呑み、外の足音にドキドキする。

最初、アパートの部屋から次々に人が出てくるので、その関係を理解するのにちょっと時間がかかった。
主人公の女性がどう見ても50代半ばなので、小さい男の子の母親とは思えず、老人の奥さんかと思ったら、息子の嫁だった。

ニュースで荒廃したアレッポの様子は伝えられるけど、そこに暮らす住民の日常を描いたものは初めて観た。ショック。
シリアからの難民を批難する人たちはこの映画を観るべきだ。
たとえ危ういゴムボートでも、他の国に逃げようとする人たちの生活が、臨場感をもって伝わってくる。重い映画だけど観てよかった。

Une famille syrienne
Philippe Van Leeuw監督作品
フランス・ベルギー合作
主演:Hiam Abbass, Diamond Bou Abboud, Juliette Navis
1時間26分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
シリア難民のおかれた境遇
こんにちは。

ブルキナファソ勤務を終え、そのあと、フランス滞在をしていました。
昔、ヨルダンにいたころ、シリアにも旅行したことがあることから、シリア難民のおかれた環境は、本当に心苦しいです。

パリだけでなく、私が滞在していたモンマルトルにも
シリア難民に出会いました。

この映画、気になっていたんだけど、見に行けなかったのが心残りです・・・・。
またときどきおじゃましますね。
Re: シリア難民のおかれた境遇
”ブルキナファソの和さん”ですね。
この映画、フランスの都市部ではまだかかっていますけど、もう日本にお着きですか?
この国の人はどこかに逃げなければ生きていけないのがよくわかる映画でした。



コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ