期待しないで観たら・・・『バルバラ』

他の映画(『Wind River』)を観に行ったら満員で、「じゃ『Barbara』にするか」「そうだね」
封切りになったばかりなのでこっちも結構混んでいた。

若い世代はバルバラを知らないし、マチュー・アマルリックの監督作品はちょっとわかりにくいので、観客の反応はどうだろうか?とラジオで言っていたけど、マチュー・アマルリックは作っても演じても、ある程度の観客数を動員するようだ。この作品は作って演じてるから尚更・・・
私は批評を読んでいなかったので、バルバラの生涯(かその一部)が描かれているんだろう、と思っていたら全然。監督(マチュー・アマルリック)が、女優(ジャンヌ・バリバール)と、バルバラの伝記映画を撮ろうとしている、とこを撮っている。
“女優”が歌を聞き、ヴィデオを観て役作りをするうちに、段々バルバラと重なってくる。撮影のオフの部分なのか、カメラが回っているのか、境目が曖昧になってくる。

『Barbara』マチュー・アマルリック

「これはどっちだ?」と混乱しながら、バルバラの音楽世界にはしっかり引き込まれる。

『Barbara』マチュー・アマルリック

それがアマルリックの意図であったなら(そうに違いない)成功している。
後で批評を読んだら、バルバラを知らない世代にも受けているそうだ。

今まで積極的に聴いたことがなかったバルバラの声は形容詞をつけるのが難しい。なんという声!その声を、まるで楽器のように操る。



そしてジャンヌ・バリバールが滅茶苦茶なりきっている。顔も似てるし。
彼女はアマルリックの前妻で子供が2人。15年前くらいに別れている。

今年のカンヌ映画祭で。モト妻の危ういドレス!
『Barbara』は『Un certain regard/ある視点』部門で”シネマの詩情賞”を取っている。

『Barbara』マチュー・アマルリック

棚からぼた餅・・・観てよかった。

この前、朝市の卵屋で、私の前にマチュー・アマルリックがいた。「今起きました」(既に13時頃)という乱れ髪、しかも染めた髪と地の髪が混じってる。「服のまま寝ちゃった」ようなしわくちゃのシャツとズボン。つまり映画の中と一緒だった。

Barbara
マチュー・アマルリック監督作品
主演:ジャンヌ・バリバール、マチュー・アマルリック、オーロール・クレモン
1時間37分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ