メトロ“リラの門”の幽霊駅

この週末は、日頃入れない歴史的建物が一般公開されるヨーロッパ文化遺産の日。
すごく待つという噂で(エリゼ宮は7時半から並んだ人が12時半に入れた)、いつもはパスしていた。けど今年はメトロporte de Lilas/リラの門の“幽霊駅”が初めて公開になる、と聞いて、それは見てみたい。

11番と3b番のポルト・デ・リラ駅の傍らに、1939年から使われていない駅があって、幽霊駅とかシネマ駅と呼ばれている。
『アメリ』(2001)でマチュー・カソヴィッツが証明写真を破片を拾い集め、『レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち』(2008)でソフィー・マルソーがSSに銃をつきつけるのがこの駅。

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:culturebox

メトロ ポルト・デ・リラの幽霊駅
photo:visites guidees

メトロはパリのイメージのひとつで、年間約80本の映画、テレビドラマ、ヴィデオクリップの舞台になるそうだ。
舞台として人気の線は、6番(地上に出た時エッフェル塔が見える)、10番(距離が長い)、3b番(乗客が少ない) 。
「でも大勢のエキストラを使い、スタッフも大人数のときは午前1時から5時、最終と始発の間。またはポルト・デ・リラの“シネマ駅”で撮影してもらいます」とRATPの撮影担当者。シネマ駅の利点は、映画の時代背景やストーリーに合わせてカスタマイズできること。一日の使用量は15.000~18.000ユーロ(195万~234万円)と安くはないけど、運転手、電気技師、守衛など約15人のRATP職員もつけてくれる。職員たちは喜ぶとか(そりぁそうだ)。

週末は朝市と近くの映画館にしか行かない私が重い腰を上げ、友人とポルト・デ・リラ駅に向かう。
着いてみると、矢印も貼り紙もなくて、駅の窓口には誰もいない。中学生くらいの子供連れのオジサンもキョロキョロしていたので「もしかして・・・?」と聞いたら「そう、もしかして文化遺産の?」
そこへ清掃係が通りかかったので尋ねると、「よくわかんねぇけどエレベーターがあるから下に降りてみたら?」
下に降りると、目の前に幽霊駅!と期待したが、さっき出た改札の前に出た。そこへ従業員専用のドアが開き、中から人がゾロゾロ出てきた。RATPの制服を着た先頭の女性に、
「幽霊駅のヴィジットで来たんですけど」と言うと、
「あれは予約制で9月の初めに予約しなくちゃ見れないんです」
「そんなことどこにも書いてなかった」
「いえ、あちこちに書いてありましたよ。またやりますから来年ぜひ。オホホ」
来年だって・・・オホホだって・・・せっかく一念発起して来たのに。仕方なくまたメトロに乗って帰った。
慣れないことをするとこういうことになる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ