世界一富豪の女性は幸せだった?

リリアンヌ・ベタンクール。
財産400憶ドル(約4兆5千億円)。“世界一の富豪(男性を含めると14位)の女性”“ロレアルの相続人”(創立者ウージェーヌ・シュエレールの一人娘)として知られていた彼女が21日、94歳で亡くなった。

リリアンヌ・ベタンクール死去
photo:LCI

いつも明るい色の服を着て、エルメス(多分)のスカーフを巻き、ブルジョアっぽくエレガント。思ったことをはっきり言う人だった。

晩年、彼女の名前はスキャンダルの中心人物として登場する。
夫、アンドレ・ベタンクールは政治家で、政治家がよく食事に来ては、札束入り封筒をお土産に持って帰った。以前は政治献金の取り締まりが緩くて、社会党のミッテラン元大統領まで封筒を持って帰ったそうだ。
アンドレ・ベタンクールが2007年に亡くなった後もこの習慣は続き、リリアンヌ・ベタンクールの物忘れがひどくなったのにつけこむ人は政治家だけではなかった。

その筆頭がフランソワ=マリー・バニエ。

フランソワ=マリー・バニエ
photo:europe1

老婦人に取り入る才能がある自称アーティストは、現金、株券、美術品、島(!)など総額9億9300万ユーロ(約1331億円)をゲット。
リリアンヌの娘フランソワーズは「バニエが母が惚けたことにつけこんだ」と訴えた。
「あたしは惚けてなんかいない、娘は嫉妬している」と母娘の争いに。

見るからにきつそうな娘

リリアンヌ・ベタンクールの娘
photo:AFP

バニエには結局“弱点悪用”の廉で、執行猶予付き禁固4年、罰金37万5000ユーロ(約5026万円)の判決が降りた。

ニコラ・サルコジは、2007年の選挙資金を不正にもらった疑いで、党の財政担当とともに取り調べられたけど、証拠不十分で捜査打ち切りになった(元大統領だものね・・・)

母娘の争いは娘が勝ち、リリアンヌには監督者がつき、お金を自由に使えなくなる。
その後、表向きは仲直りをして誕生日を娘夫婦や孫と祝ったりしていたけど、お金目当てに訪ねてくる人もいなくなり孤独だったのでは。
フランソワ=マリー・バニエは悪徳なヤツだけど、彼が話し相手になり、あちこちに連れて行った頃が一番楽しい時代だったかもしれない。
お金持ちで、お金のことで家族と諍いがなく幸せな人は稀な気がする。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
海外のお金持ちは本当にケタ違いですねえ…。
日本のお金持ちも生粋の庶民の私から見れば、充分お金持ちではありますが、海外のセレブは本当に凄そうです。

バニエ氏は禁錮と罰金刑だけなんでしょうか?
1300億以上のお金や島!は返さなくてもいいのか…そこが、気になります〜。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ