声の出ない週末も悪くない

週末、私はテレビの前に寝そべってCanal+ à la demande(オンデマンド)で映画を観続けた。
Canal+ à la demandeはCanal+でかかった映画だけでなく、古い映画、Arteでかかった映画もリストに加わり、選択肢が多い。

ジャン=ピエール・メルヴィルの『Un Flic/リスボン特急』(1972)はこれで3回目?メルヴィル(『Le Cercle Rouge/仁義』(1970)『Le Samourai/サムライ』(1967)・・・)は何回観てもいい。
シモン(リチャード・クレンナ、写真の真ん中)はナイトクラブのオーナー兼ギャング。ある組織が大量の麻薬をリスボン行き特急で運び出そうとしているという情報を得て、横取りしようとする。

一方腕利きの刑事コールマン(アラン・ドロン)も同じ情報を得て、リスボン特急を追いかける。
コールマンとシモンはかっての戦友で、シモンの愛人カティ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はコールマンともできていた。
つまりみなさん、2つの顔を持っていた。

メルヴィルの映画は男たちが美しく、恐ろしくお洒落だ。
銀行強盗をする男たちのトレンチの着方、寝台特急の中のシモンのガウン姿なんて「モードのビデオクリップか?」と言いたくなる。

真ん中がシモン

メルヴィル『リスボン特急』

ドロンもカッコいいけど、この人は「俺は美しい」が顔に出ていて、 メルヴィルの撮り方がナルシズムをさらに助長する、という気がする。
彼が部下の刑事と乗り回している車に本署から電話がかかると、
「わかった。すぐに向かう。その後電話する」と無表情な顔で判を押したような答え。カッコつけすぎ。部下の刑事は電話を渡すだけの役で気の毒になる。

メルヴィル『リスボン特急』

そしてカトリーヌ・ドヌーヴが絶頂の美しさ。今、彼女がこの作品を観たら落ち込むだろう。

メルヴィル『リスボン特急』
photos:allociné

私がテレビを観ていると、必ず猫たちが寄ってくる。タマは私の上に寝て(6㎏が乗るとかなり重い)、リュリュは・・・

リュリュ

これ、字幕のときやられると困る。
他の映画で、ブノア・マジメルにも関心を示していた。リュリュは男の子なんだけどね・・・

リュリュ

週末アングレームから帰ってきた娘がお風呂場から叫んでいる。
「ファンデーションがなくて、授業に行くのやめようかと思った。目のクマが目立つのよ」
どう見たって、誰が見たって、クマなんかないのだ。”大クマ”のある私は「よく生きている」と思われているだろう。
「あ、コーダリーのFrench KIss、なかなかいい色じゃん」
「・・・・」
「持って行っていい?」
「・・・・」
私は返事をしない。声が出ないのもいいもんだ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
フランス人にとって、映画を見ることは日常生活の大切な一部なのだなっと、フランスを訪れるたびに思います。
映画監督である小津 安二郎のことを知らなかった私に「あなたは本当に日本人なのかっ」とフランス人から言われてしまいました。
Re: 恵子さま
わっ同じです!私も小津はフランス人から”教わり”ました。
小津や溝口を定期的に上映している映画館なんて日本にはないのでは。

映画は、行きやすい値段(UGCのチェーンで11.9ユーロ、14歳以下5ユーロ、18歳以下7.5ユーロ)、見放題のパス(一か月21.9ユーロ)のお陰で、誰にも身近な娯楽ですね。

コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ