親子離れ日記

娘はスーツケースを引きずって帰ってくる。中身は洗濯物と空のタッパーと絵の道具。
日曜に発つはずが、
「月曜の朝の美術史はもうやったことばかり、先生もつまんないからさぼる」
「・・・」
「午後は“瞑想の会”があるんだって」
「何それ?」
「さっきメールでお知らせが来たの。1時間、瞑想すると自分の姿が見えてくるんだって」
「あなた、学校じゃなくて宗教団体に入ったの!?」
「そうだね、行かない。じゃ月曜の夜のTGVね」
彼女は携帯であっという間にTGVを変更する。TGV MAX(一か月79ユーロでTGV乗り放題のパス、ただし16~27歳)は変更・キャンセルただなのだ。

月曜の夕方、さらに重いスーツケースを引きずって発っていく。洗濯済みの服とぎっしり詰まったタッパー。今回はポタージュ、ラタトゥイユ、ハンバーグ、鶏のバスク風、トンカツ、チリコンカン・・・をアングレームまで運んで行った。
食べることが大好きな子、彼女が発ったあとの冷蔵庫の空っぽさにしばし呆然となる。
その後数日は、
「〇×は冷凍できる?」
「××はいつまでに持つ?」
というSMSを頻繁に送ってくる。
かと思うと、切羽詰まった声で
「水道料金を払ってないんで水を止めるって通知が来た、どーしよう!?」
「それ脅しよ。料金払わなくても水を止めるのは禁じられてるの」

電気・ガス料金は「2週間以内に払わないと止める」という警告が来て、それでも払わないと止める(または供給量を減らす)ことができる。ただし11月1日~3月31日のTrêve hivernale(冬季休止期間)は電気・ガスを止めてはいけない(凍死の危険!)。
同じ理由からこの期間は家賃を払っていない住人を追い出すことも禁じられている。寒い国の知恵。
生きていくのに必要不可欠な水はというと、一年中止めてはいけない。

11月に入ったから、何も払わなくても追い出されたり止められたりしないから気にしない!とは言えないので、
「きっと前の住人から変更になってないのよ、電話してみなさいよ」
果たして変更されてなかったそうだ。

一人暮らしを始めたばかりの娘は、「生活するのってこんなにお金がかかるって知らなかった」(払っているのはこっちだけど)。
電気ガス・水はもちろん、インターネットも電話も“当然ある”ものだったのだ。私だってそうだった・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
タカコさん
こんにちは!
私も若かった頃、親元を離れた所では楽しくやっているクセに、実家に戻ると離れたくなくなり、、、を繰り返していたなぁ、、と懐かしく思います。
お嬢さんも大人への階段を昇っている最中ですね!
がんばって!いつか貴方の作品と出会いたいです!!とお伝え下さい。
私も
学生時代、京都で一人暮らしをしていました。
京都は夏は蒸し暑く、冬は底冷えがして、1人だと自由だけど、特に冬は寂しかったのを今でも覚えています。
たかこさんと旦那様の作られたご家庭が本当にあたたかく、心地よいのだと思います。
そしてご飯も美味しそう…。
私もいつか娘さんの作品を拝見するのを楽しみにしています。
Re: クリスタル様
娘に伝えます。ありがとうございます!
Re: ひよこ様
アングレームも盆地なので京都と似たような気候のようです。
最初、暖房をケチっていたら朝ベッドから出られないほど寒いと言っていました。
娘に伝えます!

コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ