日本より一足先に『Oh Lucy !』

会社とアパートの往復、孤独で味気ない生活を送っている節子は40代半ば。ある日、姪の美花に頼み事をされる:個人英会話学校に登録したけど行けなくなってしまった。払い戻しは不可能だけど、人が代わるのはOKなんで、代わりに払って行ってくれない?
「いくら?」
「60万 」
「ろくじゅうまん ?!」

母親とはうまくいかず、節子になついている美佳。可愛い姪の頼みは断れない。
節子は会社の帰りにその個人英会話学校に赴いた。学校にしてはいかがわしい雰囲気、並んだ個室のひとつに入ると、ジョンという教師が待っていた。“アメリカ人になりきるため”節子はブロンドのカツラをかぶせられ、名前はルシー。授業はハグから始まった。

『Oh Lucy!』

この体験は、閉じていた節子の心を目覚めさせる。
2回目の授業に行くと、ジョンは急に辞めたと告げられる。ショック。さらにショックはジョンと美佳はできていて、2人で西海岸に発ったところだった。
節子は2人を追いかけてアメリカに行くことを決める。姉(美佳の母)が自分も行くと言い出し、犬猿の仲の姉妹の珍道中が始まる。ひとりは娘を探しに、もうひとりは“目覚めた心”を見極めようと・・・

価値観の違う2人は悉くぶつかり合う。

『Oh Lucy!』

サンフランシスコ在住の平柳敦子監督の『Oh Lucy !』
2017年カンヌの国際批評家週間に選出され、グランプリにノミネートまで行った。

『Oh Lucy!』
photos:allociné

日本より一足先に1月31日にフランスで公開。批評もなかなかで「2つのカルチャーのズレを描き、ソフィア・コッポラの『Lost in Translation』を彷彿させる」
そうかも・・・私には彷彿としなかったけど。何より、テーマがオリジナル:真面目で地味なOLが閉じ込めていた感情が、ひょんなことから“蓋”に穴が開いてどっと溢れ出す。溢れ方は四方八方、ナイーヴでダイレクトで、観ている方がハラハラする。
強そうで、同時に脆く、無鉄砲で内気・・・節子に共感し、自分を投影する女性は多いだろうと。寺島しのぶが上手いってことだ。ジョン役のジョッシュ・ハートネットもいい。

批評のひとつに「閉鎖的で無慈悲な日本社会の横顔」。うーん、たしかに。女も男も、もっと自由に感情を吐露したら、激しい爆発にならないのでは。
封切りの週、カンヌ映画祭まで行ったのに上映館が少ない、と文句を言っていたら、2週目に上映館が倍に増えた。よしよし・・・

Oh Lucy !
監督:平柳敦子
主演:寺島しのぶ、南果歩、忽那汐里、ジョッシュ・ハートネット、役所広司
日米合作
1時間35分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ