FC2ブログ

日常生活にストの影響はない?

3日運行して2日ストするという国鉄ストが始まって早1か月、4月28-29日は6回目のストだった。

国鉄SNCFのスト続行
photo:Ouest-France

スト参加の鉄道員は次第に減り(スト中は給料が出ないし)、29日(日)はTGV2本に1本、地方線TER5本に2本が運航した(4月3日第一回目のストはTGV8本に1本、TER5本に1本)。
学年末でもうさぼれないのに、アングレームに戻れない!と騒いでいた娘も17時半のTGVに乗れた。
一方、田舎に行っていた息子は電車(TER)がなくて一日早く帰るハメになった。

ストの影響についてのアンケート調査によると「日常生活に影響はない」と答えた人が74%( ?!)
「悪い影響」は21%
「良い影響」2%(タクシーの運転手とストを口実に会社に行かなくていい人?)

「悪影響」はパリを中心とするイル・ド・フランスでは35%に上り、理由は「道程の不確実さ」(今日はどの電車が走っているか?)、「道程が厄介」(いつもより時間がかかる、渋滞する・・・)
ところが「悪影響」と答えた人の半分近く46%が「でも簡単に解決法が見つけられる」で、わけがわからん。

考えてみると、パリ市内にいる限りメトロは動いているし、「渋滞してるからバスには乗ってはダメ」と思うくらいで、私も「日常生活に影響はない」範疇だ。
でもさらに考えてみると、祝日が多い5月になり、観光シーズンになり、加えてエールフランスもストをしているし、仏経済には-とくに旅行業界には-痛手。すでにどこかの地方駅の構内カフェ&レストランは4月の売り上げ40%減といっていた。
国鉄&エールフランスのスト早見表はこちら


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ