FC2ブログ
クロアチアは手強くハラハラの95分の末、フランス勝利、20年ぶりにワールドカップ優勝!フランス中沸き返っています。
彼らの技はもちろん、これだけの期待、プレッシャーに押しつぶされず戦った選手たちに拍手!

ワールドカップ、フランス優勝
photo:europe1

さて時計を一日巻き戻し、7月14日パリ祭のパレード。
コンコルド広場で、マクロン大統領を中心に並んだ招待客たちの前で、“カルーセル”と名付けられた行進、というより舞踏が始まった。バイク、馬、人間が一糸乱れず前進し、交差し、曲線を描く。何週間も練習したとはいえ、それぞれ速度が違う3者が、どうしたらシンクロできるの!?と感心して見ていたら、憲兵の乗ったバイク2台軽く接触、1台が転倒してしまった。

パリ祭パレード
photo:francetvinfo

TF1のアナウンサーが思わず「Merde !」
バイクは重くて2人がかりで起こし、無事“舞踏”を続けたけど、転倒した憲兵はショックだったでしょうね・・・可哀そう。
「このほうが人間的といえますね」とアナウンサー。
最後に、転倒した憲兵が「ドジっちゃってすみません」という顔でマクロン大統領に微笑み、マクロンは「気にしない気にしない」と笑顔で頷き、拍手が一層大きくなった。

その後、パトロール機9機が飛び立ち、空をトリコロールに染める。これが好きな私は見とれてすぐには気づかなかったけど、左の色が違ってない?

パリ祭パレード

Twitterですぐに指摘され、「今回は、パトロール機に戦地で負傷した兵士を乗せている。彼らが流した血の象徴」という苦しい説もあったけど、実は単なる間違い。
飛行機には赤か青の色素を搭載するが、「色を積み間違えました。ごめんなさい」と空軍中佐。
人間的というよりフランス的?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
マクロン面白い!
再びNew YorkのAkikoです。フランス優勝よかったですね。素晴らしい試合で、フランスチームのいいところを見せつけました。
フランスが得点した時、VIP席で、シラっとした顔のプーチンの横で、マクロン大統領が大興奮でガッツポーズを決めているのが面白かったです。表彰式では、マクロンは大雨でびしょ濡れになりながら選手一人一人に挨拶して、傘をさしてもらって濡れずにいるプーチンと対照的で、コントのようでした。さらにフランス選手のロッカールームへ行き一緒にポーズを決め、挙句の果ては、クロアチア選手の部屋にまで行き、モドリッチの子供たちに挨拶をしている姿を見ました。なんて人懐っこいんだ!フランスは、マクロンが大統領になってよかったですね。アメリカの大統領とは大違いです。
Re: マクロン面白い!
Akiko様、優勝のあと、バスティーユ広場に行ったので、その場面見逃しました。残念!
土砂降りの雨なのに傘はプーチンだけ、あれはギャグでしたね。傘、探してたんでしょうか?
今日、選手たちはシャンゼリゼ大通りをパレードした後、エリゼ宮に招かれ、マクロンまた大はしゃぎでした。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ