FC2ブログ

マクロン政権の一大事?

アレクサンドル・ベナラ/Alexandre Benalla。今まで誰も知らなかったこの男性は、先週末から全国的に有名になり、毎日ニュースに登場。目下、警察に拘留されている。

5月1日、メーデーのデモの時、警官2人がデモ参加者を殴っている場面を数人がヴィデオに撮った。撮ったのは反マクロンを掲げる“France insoumise/屈しないフランス”の闘士たち。5月1日はブラック・ブロックスが店のウィンドウを次々に叩き割ったりして300人近い逮捕者が出た。ヴィデオは話題にならなかった。
ところが7月19日になって、デモ参加者を殴っているひとりが警官ではなく、エマニュエル・マクロンとブリジットのプライベート・ボディガードのアレクサンドル・ベナラと判明。

グレイのフードが見えるのが彼

マクロンの危機、アレクサンドル・ベナラ
photo:huffingtonpost.fr

警官でもないベナラがなぜ警官のヘルメットをかぶり、ここにいたのか?
誰がその権限を与えたのか?(誰が与えたにしても警官でもない人が警官の“仕事”をするのは非合法だ)。
彼の上司たち(一番上は内務相)はこのことをいつ知ったのか?
知っていて隠ぺいしようとしたのか?

野党、特にFrance insoumiseは「国家の一大事」と騒ぎ、メディアはこのスキャンダルで炎上している。野党じゃなくても説明してほしい事件だ。

アレクサンドル・ベナラは若干26歳。2011年から社会党のマルティーヌ・オブレイ、次いでフランソワ・オランド前大統領のボディガード、アルノー・モントブールの運転手。
2016年、エマニュエル・マクロンが立候補を決めると、選挙戦の保安責任者としてマクロンに付き添った。大統領になってからは、ベナラの仕事場はエリゼ宮。“大統領の安全”に関わる部署の“コーディネーター”となる。

左でカメラマンを制しているのがベナラ

マクロンの危機、アレクサンドル・ベナラ
photo:le sud-ouest

エマニュエル・マクロンの左。大統領の行く先々、常に彼の姿がある。

マクロンの危機、アレクサンドル・ベナラ
photo:Franceinfo

公務員官舎に住み、推定7000ユーロ(手取りじゃなくて額面)の給料を取り、武器の携帯を許され、GSPR(共和国大統領職の保安班)と射撃、ボクシングの練習をする・・・この優遇、この昇進はなぜ?
私生活では数週間前にパパになり、21日に決まっていた結婚式は延期になった。

内務相ジェラール・コロンは「ベナラの存在すら知らなかった」
大統領選挙からマクロンに”一番近い”彼が知らないはずはないだろう。もう少し信憑性のある説明はできないもんか・・・
若いボディガードが自分の権限を越えて暴走したってこと?
マクロンはこれについて口を開いていないけど、野党は追及してくるでしょうね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ