FC2ブログ

バカンス地、モノの値段

借りたアパルトマンのキッチンには電子レンジ、オーヴン、トースター、コーヒーメーカー、食洗機まであり、お皿、コップはもちろん、前のお滞在客が残していった調味料も揃っている。

ボーリュー、アパルトマン

ボーリュー、アパルトマン

では食糧調達!近く大スーパーSuper Uに赴いた。中は日焼けした“見るからにバカンス客”が右往左往し、駐車場も一杯だ。
そしてびっくりは生鮮食品の値段。季節の桃類(白桃、黄桃、白&黄ネクタリン、平たい桃)がすべてパリより高い。1㎏5.9ユーロ。パリの朝市では3.9ユーロくらいだから、30%以上高いってこと。
魚売り場も然り。あまり生き生きしていない鮭やタイが軒並みパリより高い。
年に一度の書き入れ時はわかるけど、暴利むさぼりすぎ。
前に来たときは、パリと同じ値段!と憤慨したけど「あの頃は良かったね」
「けしからん!」夫は私以上に憤慨し、でもスーパーはここだけ。仕方ない。

バス停で言葉を交わした地元マダムが、シーズン中は高すぎるので、「海岸のない他の町まで買い出しに行く」と言っていたのを思い出す。

翌日、近くにタイ料理のテイクアウトがあるから、あそこでお昼を買ったら?と夫。おお、そうしよう!

ボーリュー、アパルトマン

お店には牛肉や鶏の炒め物、チャーハン、春巻き・・・つまりタイというより平凡な中華が並んでいる。
私の前にいた女性2人連れが「高すぎる」と買わずに出ていった。嫌な予感。ま、フランス人はケチだけど。
私は小エビ入りの焼きそばに引かれ「2人前お願いします」
女主人はにっこり笑って容器に盛り始める。でもソバばっかり。
「あのぉ、エビ焼きそばなんだから、エビも入れてください」
「最後に入れます」
もう容器の縁まできているのに、女主人はソバを押し込み続け、やっと-ためらいがちに-エビを並べ始めた。
「あなたにはサービスします」
だって、よく言うわよ。
伸びたソバは優に3人分はあり、小エビは「ひとり6個よ!」と取り合う羽目になった。
値段?2人前24ユーロ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ