FC2ブログ

時間を気にしない、頭は空っぽ

スーパーで買った10ユーロのパラソルで顔だけガードし、ビーチタオルの上に寝転がって本を読む。
本に飽きると海を眺め、身体が火照ってきたら海に飛び込む、という繰り返し。全然飽きない。
ほかのヴァカンス客も同じようなことをしている。子供は海の中にいる時間が長く、大人は圧倒的に日焼けに精を出す。裏と表、均等に焼くのはけっこう大変なお仕事だ。
夕方になって海岸が日陰に入ると、タオルを畳んで、水着をちょっとめくって“今日の日焼け”を確認し、スーパーで夕食の買い物をする。
ヴァカンスの語源はVacant=空いている、自由。時間を気にせず、頭は空っぽ。

もっと空っぽでいたかったけど、アパルトマンは6日間しか借りられず、私たちは南西フランスのフィジャックに向かった。と書くと簡単だけど、高速で反対方向に走り、降りる場所も間違え、夫はGPSに向かって怒鳴り・・・8時間かかってたどり着いたのは友人夫婦の別荘だ。
フランスで一番古い友人、ヴィアンヌとロラン。知り合ったとき6歳だった娘さんのジュディットが40歳、3児の母!
フィジャックから更に山道を上り、お隣の家まで2㎞という人里離れた場所に彼らは納屋を買い、大掛かりに改造した。
「最初は私の両親が2件買って、自分たちと私たち夫婦の家にしたの、もう40年くらい前よ」とヴィヴィアンヌ。

trados vue

納屋を買って、ヴァカンスごとに改装して、希望ののセカンドハウスを作るのはフランス人がよくやるけど、彼らのは桁が違っている。
行く度に家が一件増え、プールができ、林が加わり・・・今では敷地約5ヘクタール、家6件の“領地”になった。

trados piscine2

納屋は2件で2500ユーロ(約30万円)とタダみたいなもんだけど、石壁をぶち抜いて窓を作り、床を貼り、シャワーやキッチンを作り・・・と改装費はその何倍、何十倍?

敷地には彼らの家を中心に、娘さん家族の家、息子さんの家、ゲストハウス2件、そして書庫。
広すぎるんで、食事の時間になるとヴィヴィアンヌは角笛を吹いて知らせる。

グランド・メゾンと呼ばれるゲストハウス。

grande maison

私たちが泊まったプティット・メゾンの居間

petite maison1

バスルーム。ステンドグラスの色に合わせたタオル、と凝っている。

petite maison2

彼らはここで2か月を過ごす。山の景色に囲まれてテラスでご飯を食べ、昼寝をし、庭仕事をし、孫と遊び、プールサイドでアペリティフを飲み・・・の毎日。
「2カ月でも足りない。雑草を抜くだけでも何日もかかる」とロラン。
そりゃそうだろう、5ヘクタールだもの・・・

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ