サロン・ド・ヴィンテージ

vintage

今年の2月に始まったサロン・ド・ヴィンテージ。アトリエ・リシュリューに30のヴィンテージショップが出店し、8000人の入場者を数えた。8000人・・・大したことないような気がするけど、主催者側にとっては予想以上の入りだったようで、第2回目は、より大きな会場に、60店が集まった。
その会場は、エスパース・ピエールカルダン。コンコルド広場の一画、装甲車3台に物々しく守られたアメリカ大使館の向かいにある。今回のテーマはLES ANNEE ORANGES/オレンジの時代。アンドレ・クレージュのポップなドレスや、サンローランのモンドリアン、エミリオ・プッチやピエール・カルダンが色鮮やかに表現した1960年代。バナナの皮をむいたらオレンジがのぞいているポスターに導かれ、会場に入る。入場料8ユーロ。

入るとすぐにディディエ・リュドが大きなスペースを占めている。
ヴィンテージの王と呼ばれる彼に相応しいVIP待遇。にもかかわらず、リュドさんはトレードマークの愛犬を足元に、退屈そうに座っていた。

このサロンが第2回ということでもわかるように、ヴィンテージが一般にも注目され始めたのは最近のこと。その理由をリュドさんは「流行があまりにもめまぐるしく変わるんで、ヴィンテージを着ると安心する」、そして「最新のコレクションの半額で、誰も着ていない(例えば)シャネルのスーツが手に入る」と分析する。ナルホド。
しっかりした生地のピエール・カルダン風のワンピースは120ユーロ。最新コレクションだと大したブランドでなくてもすぐ200、300ユーロするから確かに安い。

その時、隣にマルク・ラヴォアンヌ(下の写真)がいるのに気づいた。歌手で、『男たちの心』とか、ヒットした映画にも出ている。すごく“出たがり”みたいで、いろんなパーティに顔を出し、雑誌の「セレブショット」の常連だ。携帯で「ジェラールはどこだ?」と話している。ジェラールってもしかして・・・?と思っていたら、家具を見ていた夫が「ジェラール・ダルモンがいた!」とコーフンした面持ちで戻ってきた。
ジェラール・ダルモンは『アステリックスとオベリックス』に出た、3枚目俳優。『男たちの心』でマルク・ラヴォアンヌと共演しているので、2人は“ヴィンテージサロンに一緒に行く”ような仲らしい。

marc lavoine

あんまりジロジロ見ているわけにもいかないので、家具コーナーへ行く。
『時計仕掛けのオレンジ』に出てきたようなポップなソファや椅子、ベークライトのような素材のテーブルや棚・・・
2階に行こうとすると、ロレックスのヴィンテージを集めた店があって、俳優のブノワ・マジメルがまさに買おうとしているところだった。最近では江戸川乱歩原作、バーベット・シュローダーの『INJU』に主演した人気俳優だ。ジロジロ。
この『INJU』も、ミッシェル・ウエルベック原作の『ある島の可能性』も悪評のマジメルだけど、案外うれしそうな顔で時計を選んでいた。

さて2階に行くと、ご覧のように服や毛皮やバッグがぎっしりで、ヴィンテージな熱気むんむん。この中から試着してお気に入りの古着をみつけるには、相当のエネルギーと情熱を要しそうなので、一回りしただけで退散。
結論はですね、古着ファンが確実に増えている、そして芸能人は古着で差別化を図ろうとしている・・・

うちに帰って、「ねえ!誰を見たと思う?!」とコーフンする私に、子供たちはテレビの画面から目も話さず「そう」と冷たく一言。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ