FC2ブログ

森の中に住む父と娘

朝露を水代わりに飲み、穴を掘ってかまどを作り煮炊きをし、小さなテントの寝袋で眠る。父が「演習!」と叫ぶと、2人は駆け出し、灌木や草むらに身を隠す。誰かが来た時の予行演習なのだ。

デブラ・グラニク『Leave no trace』

イラク戦争に行った父親はそのトラウマで人間や文明社会が耐えられなくなり、娘を連れて森に逃げ込んだ。娘のトム(トマシンの略称)は15歳。背は高いけど、体つきはまだ少女。

デブラ・グラニク『Leave no trace』

育ち盛りの彼女には草やキノコのソテーでは全然足りない。ときどきリュックをしょって町のスーパーに買い出しに行く。
ある日、警察が森に入り込んできて、“演習”の甲斐もなく2人は捕まってしまう。そして家と食糧、父には仕事が与えられ、トムは学校に登録できることになる。
新しい生活にトムはすぐ馴染み、友達もできそうだ。でも父親は落ち着かず、人々の善意も息苦しく感じ、逃げ出そうとする・・・

眼が座っててふつうじゃないので、「お父さんは乱暴しない?」とソーシャルワーカーは聞くけど、ふつう以上に優しいパパだ。

デブラ・グラニク『Leave no trace』


『ウィンターズ・ボーン』のデブラ・グラニクの最新作『Leave no trace』。跡を残さず。

デブラ・グラニク『Leave no trace』
photos:allociné

この映画、一緒に観た夫は「美しい物語」といい、私は「辛い話じゃない!」
父と娘の愛情、連帯、自然の描き方が美しい、と夫。
戦争のトラウマがあるからと言って、学校にも行かず友達もいなくて、いつもお腹を空かせ夜は寒さに震える生活を娘に強いるのは可哀そすぎる、と私。
早い話、夫は男性(父親)に、私は女性(娘)に感情移入したってこと。自分がすごい寒がりなもんで余計可哀そうと思ったのだ。
でも夫の言うことも一理あり。お父さんがトムの勉強を見てきたお陰で、彼女は同学年以上のレベルがあるし、何より助け合い、支え合う2人の間に強い愛情が感じられる。
お父さんのトラウマの原因は説明されない。ありきたりの戦争シーンのフラッシュバックとかがない。その結果-殆ど口をきかず、娘以外には全く“閉じている”-だけが描かれる。
傑作とはいわないけど、後に残る作品。

Leave no trace
デブラ・グラニク監督作品
主演:トマシン・マッケンジー、ベン・フォスター
1時間49分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ