FC2ブログ

怖い偶然

深夜、Youtubeで『Calls』を観ていた。観ていた、というより聞いていた。
『Calls』はカナル+のシリーズで、飛行機のブラックボックス、カセットの録音、警察ヘの通報電話・・・などの媒体で、映像はなく音声だけで惨事を描いている。



「はい、警察です」
「あの・・・ヘンな人がいるんで通報しようと思って」
「あなたの名前と住所をいってください」
「リザ・ラルシェ、〇×通り何番地、ナンシー」
「どんな風にヘンなんですか?」
「うちの前を行ったり来たりしてるんです」
「その人はピエロの恰好をしていますか?」
「わからない・・・よく見えない」
ガタガタいう物音。
「そんな!うちに入ろうとしている」
「マダム!何が起こっているか話してください」
「うちの中に入った!」
「マダム、7分でパトカーが着きます。その間、電話は切らないで。どこか隠れる場所、中から鍵がかかる場所はありますか?」
・・・というような会話が11分か12分続く。

映画『The Guilty』は警察の一室の中で電話だけで事件が描かれるが、これは映像が一切なく声と物音だけ。でもけっこう怖い。
深夜にひとりで観るもんじゃない、と思いながら、さて寝ようかと立ち上がったとき、ドンドンとうちのドアを叩く音がした。
全身から血が引いた(ような気がした)。私の隣で寝ていたタマがビクっとして顔を上げる。
午前零時すぎに誰?
夫がまた鍵をドアにさしっぱなしにしてた?鍵が外側にあるなら入ってこれるってことじゃない・・・その夫はイビキをかいて眠っている。
再び「ドンドン!」
私は、カーテンの隙間からこっちが見えない場所にソロソロと移動し、固まっていた。

5分くらいしたら中庭の電気が消えた。電気は人が通るとつくようになっているから、“その人”は立ち去ったらしい。
さらに5分待って、私は恐る恐るドアに近寄り、夫のキーホルダーがあるのを確かめ、2重鍵をかけた。

翌朝、夫が「なぜ2重鍵がかかってるんだ?」
この人はどんな物音でも絶対目を覚まさない。夜中に子供が病気になりS.O.S.médecinが駆け付けても起きなかった。
あなたが眠っている間にいろんなことが起こるのよ・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
フランス語が理解できれば!!!
でも、「声」だけで、緊迫した状況は十分すぎるほどわかりました。人の息遣いは迫力がありますね。

私も怖がりなので、何か音がしたり、物の位置がずれている?と思うと気になり始めます。誰かいる?誰かいた?
寝るときも心配で、防護策として、出刃包丁をマットの下に置いて寝ます。

朝、寝ぼけて出刃包丁を発見すると、それはそれで怖いし危険なのですが。。。。
Re: オワリ様
そう、切羽詰まった声や息遣いで怖さが伝わりますよね。
もうひとつ聞いたエピソードは、潜水服で潜っている4人組が、洞窟を見つけ入ろうとしたら、怪物(怪魚?)が出てくる、という場面でした。
出刃包丁!敵にもぎ取られたらかえって危険ではないですか?
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ