FC2ブログ

マクロン・グッズが売れる店

エリゼ宮はあちこち痛んでいて修復が必要、その工事費に当てるため、エリゼ宮グッズ(マクロン・グッズ?)が販売され始めた。
エマニュエル・マクロンのポスターや写真入りのマグカップが、文化遺産の日のエリゼ宮一般公開でも売られていた。
ネットショップはBoutique.elysee.fr

マクロン・グッズ

マグカップ24.9ユーロ。これで朝コーヒーを飲んだら、マクロンな気分?

マクロン・グッズ

サッカーワールドカップ、フランスが得点したときのポーズがTシャツに。55ユーロは高すぎ!

マクロン・グッズ

修復工事ができるほど売れるかね?と思っていたら、すぐにエリゼ宮グッズのパロディショップEnlyseeboutiqueが開店。

マクロン・グッズ パロディ

パロディのインスピレーションはエマニュエル・マクロンの“名言”(つまり失言)
「政府は最低限保証にすげえ金をつぎ込んでいる。でも貧乏人は相変わらず貧乏だ。貧乏に生まれた人は貧乏のまま、貧乏になった人もそのままだ。彼らはそこから抜け出さなくてはだめだ」
この発言はまたたく間にソーシャルネットワークで拡散。とりわけ“Un Pognon de dingue”(すげえ金)は、いくらマクロンが若いとは言え、大統領は使うべきでない俗語で流行語になる。

そこでTシャツ “わたしはすげえ金がかかる”。お値段20ユーロ

マクロン・グッズ

エリゼ宮一般公開の日、中庭に登場したマクロンに園芸家の若者が「仕事が見つからない」と訴えた。
大統領の返事は「わたしが道を横断すれば、あなたに仕事を見つける」
もっと動いて視野を広げれば、仕事はすぐ見つかるというニュアンス。
そこで横断歩道のマグカップ。10ユーロと”公式カップ”の半額以下。

マクロン・グッズ パロディ

この発言も野党からずいぶんバッシングされた。「一体どんな国に住んでるんだ!」と反マクロンを“政策”にしているメランション。

男性2人が考えたこのショップ、1か月で3万ユーロ(約415万円)を売った。売り上げはすべて“路上で暮らす人たちのため”、難民キャンプとピエール神父財団に寄付だそうだ。
こういうユーモア大好きだけど、趣旨を聞いてますます好きになる。
ラジオのインタビューで主催者のひとりは、
「マクロン大統領にゴッドファーザーになっていただきたい。そしてこれからもどんどん失言してもらってグッズを増やしたい」
エリゼ宮から文句は出なかったか?という質問に「全然。大統領はユーモアがわかる人だから」
と言われたら、もう文句言えないわね。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ