FC2ブログ
1918年11月11日に結ばれたドイツと連合軍の休戦協定から100年。マクロン大統領は世界72か国の首脳を招待して100年記念式典を行い、分刻みのスケジュールの週末になった。

11月10日
午前中トランプ大統領到着。その直前にマクロンがしたツイート“ヨーロッパの軍隊を持ったらどうか”に“けしからん”と腹を立て、さらに「オルリー空港の滑走路は専用ジェットが降りるのに短すぎる」と滑走路の長さを測らせたとか(もちろん十分の長さだった)。
上手いパイロットなら少々短くても着地するんじゃない?
会談+昼食のあとはご機嫌になり「非常にいい話し合いだった」(美味しものを食べたせい?「ケチャップ持ってこい」とは言わなかった?)

第一次大戦休戦協定100年記念 パリ

その後マクロン大統領は、1918年11月に休戦協定が結ばれた地、コンピエーニュの森へ駆けつけ、アンゲラ・メルケル首相と100周年記念碑を除幕。

おお、接近しすぎ!マクロンは年上の女性が好きで好かれるんだった。

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

その後、パリに引き返し、到着した各国首脳とオルセー美術館のディナーへ。

11月11日
朝。土砂降りの雨の中、各国首脳が次々とエリゼ宮に到着。みんなでバスに乗ってシャンゼリゼへ。

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

道中、トランプの車の前に、Femen(ウクライナのフェミニズム抗議団体)の運動家が飛び出した。ボディには「Fake Peacemaker」のメッセージ。

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

凱旋門までシャンゼリゼ大通りを上る。といっても後ろにCartierが見えるから、長い距離じゃない。
ところで、日本からは誰も来なかったの?

第一次大戦休戦協定100年記念 パリ

式典の定番、パトロール機のトリコロール。今度は色を間違えなくてよかったね。

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

正午、マクロンの演説:甚大な犠牲者を出した第一次大戦を振り返り、その反省と教訓を未来に生かせよう、と呼びかけた。
「私たちの恐怖を敵対させる代わりに、希望を加算しよう」「ナショナリズムは愛国心の対極にある」そして「後退、暴力、支配を拒み、平和のため、よりよい世界のため戦おう」

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

30分近い演説、つっかえもせず。演劇の先生だったブリジットと深夜に練習した成果?
演説の後、ラベルの『ボレロ』が演奏された。いい選曲!
この演説は、歴史学者からも高い点数をもらった。

エリゼ宮に戻って昼食。また演説。

第一次大戦休戦協定100年記念 パリ

その頃レピュブリック広場ではトランプ反対の抗議集会が。

第一次大戦休戦協定100年記念式典 パリ

photos:REUTERS

その後、各国首脳をヴィレットの“平和のためのフォーラム”へ案内。トランプ大統領はむくれてパス。
日曜の夕刻、私がパリの北の端にいたとき、ヘリコプターが音がひっきりなしに聞こえたのはそのせいだった。

超過密な2日間をミスもなく乗り切ったマクロン、この後はさすがにぶっ倒れただろう。
国内では非難が多いけど、国際シーンではフランスの存在とイメージを向上させていることをもう少し認めてあげたら?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント
大爆笑させて頂きました。
こちら米国東部は、今日のお昼前から、スノーストームとアイスストームがやって来て、国道は閉鎖、NYに会議に行っていた主人は、立ち往生。道路が、アイスリンクみたいになっています。

しかし、毎回、思うのですが、トランプ氏の髪の毛なんとかならないのでしょうか?
Re: キャットラヴァー様
ご主人はご無事で帰宅されましたか?
東海岸では”キャンプファイヤー”、西ではアイスリンク・・・大変ですね。
トランプがなんとかしてほしいのは髪の毛だけじゃありませんよね。
マクロンが"米露会談はやめてくれ"と言い渡したのは了見が狭過ぎます。あの場で中間選挙後、気の合うトランププーチン会談第2回目ができていたら、中東北朝鮮中国両者が了解した進展したことがあっただろうと思います。
APECの時の日露会談で平和条約と北方領土返還の道筋がついた。事前折衝もあっただろうが、ワンチャンスの重要性を知らないマクロンは経験不足というかセンスがない。
米露会談ぶち壊しにされ内心面白くなかったトランプのツイッターに怒っていたフランスの外交専門家がいたがトランプの言う通りです。
今でも欧州はバラバラなのに不人気の移民政策で失敗したマクロンメルケルが提唱する欧州軍など絵に描いた餅、それより国内の治安をなんとかしろ、とトランプは言いました。外から見るとフランスは重症患者です。マクロンは任期満了までもちますかね?
マスコミは報道しないでしょうがツイッターで日々起こる事件を見ているとスウェーデン、フランス、ドイツがダントツ。
フランスはここ3代ダメな大統領を選び続けてますねー見る目なさすぎだろフランス人。超エリートを育成しているはずなのに現実を直視できないのか、民のためを考えないエリートばかり育成してるのか。フランスエリートは馬鹿してますがトランプは移民一世にも理解できる言葉選びをしています。何より結果を出してます。
フランスの若者の過半数が他国に移住したいと考えているというアンケート結果はバイアスはかかっているでしょうが本当だろうと思います。


コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
アーカイブ