FC2ブログ

アナログゲームがブーム

パソコンやスマートフォンのゲームに疲れたのか、子供たち(といっても大学生~)はボードゲームにはまっている。
クリスマスにも甥っ子たちとあげたりもらったりしていた。
という話を友達にしたら、「ウチもそう!息子がクリスマスに欲しいって」
全国的アナログ回帰現象?

一緒にやらない?と誘われ、夫と加わったらけっこう面白いTrivial Pursuit/トリヴィアル・パスート。
6人まで遊べて、ひとりずつ色違いの《カマンベール》を選ぶ。
サイコロを振って数だけ進み、止まったコマの質問に答える。
コマはご覧のように6色で、青=地理、濃いピンク=娯楽/趣味、黄=歴史、紫=アート/文学、緑=自然科学、オレンジ=スポーツ/レジャーにジャンル分けされている。
進み方は左右前後自由なので苦手なジャンルを避けることができて(私が避けて通るのは《自然科学》と《スポーツ》)正解の場合、もう一度、サイコロを振れる。
ボードの▽マークにたどり着いて、その色の質問に答えられると、カマンベールの▽がひとつ埋まる。6色の▽で埋まった人が勝ち。

トリヴィアル・パスート


実は質問がかなり難解。「そんなこと知るか!」という問題が多いのだ。
例えば:
〇トルコ語で《ターバン》の意味の花の名前は?(自然科学)
〇1974年、ソ連からカナダに亡命し、『Sex&City』に出演したエトワールダンサーは?(アート/文学)
〇『フレンズ』でロスが飼っている鬱陶しいペットは何?(娯楽/趣味)
〇チェコスロヴァキアの共産主義に終止符を打った1989年の平和革命の名前は?(歴史)

ね?ひねくれた問題や、TVシリーズを観た人じゃないと答えられないのが多いでしょう?
強いのは超情報社会で生きていて、バカロレアから年数が経っていない若者で、私と夫は最下位。
それでもみんなでするゲームは楽しい。娘やその友達も「顔はわかるのに名前が出てこない!」とイライラして、なーんだ年のせいじゃないんだ、と安心するし。
こっちから「一緒に遊んで!」とお願いするほどになっている。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ