FC2ブログ
毎週水曜日の夜はサルサ。バッグにダンスシューズと文庫本を入れて、ポルト・ド・オルレアンまで往復1時間かけて通っている。我ながらよく続くのは、踊っていると頭が空っぽになって気持ちいいからだ。

今のクラスのメンバーは、なにか口実を設けて飲むのが好きだ。だれそれの誕生日、クリスマス、バカンス前、バカンスの後・・・そして先週はギャレット・デ・ロワ。
1月6日のエピファニー(主の公現節)-神の子が生まれたことを聞きつけてやってきた東方の三博士を記念するカトリックのお祝い-に食べるお菓子。カトリックであろうがなかろうが、クリスマスが終わるとすぐから1月中売られ、パン屋はブッシュ・ド・ノエルとギャレットで年商の半分を稼ぐ、と言われている。
フランジパンをパイ皮で包んだシンプルさ、も理由だけど、フェーヴが入っていて、当たった人は王冠を被り王か王女を指名する、という付属品が楽しい。

何度か食べたピカールのギャレット。実際はフランジパンがこの半分くらいだけど美味しい。リンゴジャムバージョンもある。

ギャレット・デ・ロワ、ピカール

最近、とっておきたいフェーヴになかなか出会えず、コレクションは増えていない。

フェーヴのコレクション

だからメトロの中で、「フェーヴをゲットせねば・・・」
そして「もしフェーヴが当たったら、誰を王様に選ぼうか?」
メンバーにはカップルが2組いるし、離婚男性のひとりは、離婚女性とできかかっているし、選択肢が狭いじゃん・・・

さてサルサで汗をかいたあと、誰かが持ってきた大きなギャレットに、ほかの誰かが持ってきたシードル2本。
一番若い男子がテーブルの下に入って、切り分けたギャレットを「だれそれに」と分配する。
フェーヴは別の離婚女性ナタリーに当たった。
「じゃ次回のギャレットはわたしが買うわ」と彼女。
「えーっ!王様選ばないの?」
「そういうルールもあるけど・・・」
それが清く正しいルールじゃない!と言おうとしたけど、みんな「じゃ、次はナタリーということで」と納得している。
夢がないというか食い意地が張っているというか、ヘンなルール。
「それじゃフェーヴ当たらないほうがいいじゃない」とブツブツ言いながらうちに帰った。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
いいですねー😍
コレクションのギャレット、可愛くてステキですね。こういう小さい物って、なんとも可愛い❗増えていくのが楽しみですね。
Re: とみこ様
サルサ友達に話したら「じゃウチにあるのを持ってきてあげる」
わーい!増えそうです。
見たい❗
小さくて可愛い物、すごく好きなので見たいです。ちなみにドールハウスなんかも好きです。ちびっちゃい物って可愛いですよね。ちびっちゃい物でステキといえば、マグネットでフランスのがとてもステキなんです。ビストロのとか。うーん、、画像が送れないのが残念
邪道、j'adore!

(・・・言ってみたかっただけ。)
サルサ
サルサ、いいですね。
私も頭を空っぽにしたい毎日です
Re: 蓮さま
言ってみる価値あり!
Re: サルサ
空っぽになるし、全身使うし、始めたらやめられなくなりました。お奨めです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ