FC2ブログ

88歳で監督・主演!

園芸家アール・ストーンの情熱は仕事。妻や子供は二の次三の次で、花や植物の世話をし、園芸コンクールに出品し、夜は同業者とバーで過ごす。

園芸祭ではオバサンたちにモテていた。

クリント・イーストウッド『運び屋/La Mule』

娘の結婚式にさえ来なかったのだから日本のお父さんよりヒドイ。
それ以来、娘は口をきかず、妻からは離婚され、ひとりで仕事と暮らしていた。

その仕事もインターネットの発展でしぼみ続け、このままだと会社は差し押さえられる。

クリント・イーストウッド『運び屋/La Mule』

80歳を過ぎてアールは孤独と金欠に直面し、家族に会いに行くが、シカとされる。

そこへ見知らぬ男がアルバイトの話を持ってくる:トラックで荷物を遠くへ運ぶだけ。なのに報酬はいい。
安全運転はお墨付き。古い歌を聴きながら、自分のトラックでアメリカを走るうち、家族を顧みなかったことを後悔しはじめる。
何を運んでいるか知らず(または、知らないふり)2回3回と繰り返し、ある時、運んでいるのがメキシコのカルテルへのドラッグだとわかり驚愕する。
しかし、そこで止めるかと思いきや、これが最後と言いつつ運び続けるのだ。

88歳になったクリント・イーストウッドが監督・主演の『La Mule/運び屋』
自分の監督作品に出るのは『グラン・トリノ』以来。

クリント・イーストウッド『運び屋/La Mule』
photos:allociné

これを見た直後、テレビで『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』がかかった。
第二次大戦の硫黄島の戦いをアメリカ側、日本側の視点で撮ったクリント・イーストウッドの作品。
公開当時に観てから10年以上ぶりで観たらやっぱりすごい。
「日本軍兵士もアメリカ軍兵士と変わらないとわかったから、日本側ヴァージョンも撮ることにした」というクリント・イーストウッドの言葉とは裏腹に、世界もメンタリティーも全然違う。夜と昼のように違う。

何日も食べるものがなく心身とも限界に来た日本兵士たちには非壮観があり、負けるとわかったら自決を強いられる。
一方、ステーキを食べて育ったアメリカ兵たちは明るく、持久力があり、生きて戻った“硫黄島のヒーローたちが戦勝ビジネスのマスコットにされる。

こんな大作を立て続けに撮った12年前のクリント・イーストウッドはなんとエネルギッシュ。そしてなんという才能。

『La Mule』は観て後悔はしないけど、『ミリオンダラー・ベイビー』や『グラン・トリノ』に比べても薄味な気がした。
夫は、映画が終わった時隣の男性に「老後の仕事のヒントになりました?」と言われたそうで、
そんなに年取っちゃいない、と怒っていた。

La Mule
監督&主演:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュボーン他
1時間56分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コメント
見ようかなあ・・?
"La mule"を"Le mule"と言い間違えて仏人夫に注意されましたが、見てみたいと思っていたところ、たかこさんの投稿拝見。C.イーストウッドの才能も枯渇しつつある?見た目にもしぼみつつあものの、やっぱりカッコいいような?見るか見ないか、迷うところです。

話かわりますが、先日はKiyokoでお子さんたちとともにお目にかかることができ、幸甚でした。
Re: カサイカオリ様
私も読者の方にお会いすると嬉しいです。

『La mule』、批評はいいし、よくできている作品と思います。私がちょっと物足りなく感じたのは、『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』の印象が強烈だったのと、直後に硫黄島2部作を観たせいで、個人的意見です。
この映画、たか子さんのブログを拝見するまで知らなかった。
早速、米国人の友人達に伝えました。みんな、”うっそー、イーストウッド?”って感じ。その後、一人の友人の旦那様が昨年退職、『うちの亭主と24時間一緒に過ごすなんて耐えられない。彼に、こーゆう仕事を紹介してみる。』って張り切っていました(笑)彼女はバリバリの民主党員、彼女のご主人は例の方のサポーター。感謝祭の前には、お嬢さん2人(と夫達)がご主人と口論したようで、危なく感謝祭がキャンセルになりそうになった。それで、お嬢さん2人と彼女が、この運び屋は、亭主(パパ)にピッタリの仕事。運が悪ければ捕まって、ブタ箱行きだけど、それでも、私達は、豚箱に彼に会いには行ってあげると思う。って、シニカルなジョークを言っていました。
聞いている方は、冷や汗もの(笑)今、友人はご主人と一緒に別荘があるフロリダに行っています。こーゆう年金者を『遊民』と、私は呼んでいます。
早速、映画を見てみるつもりでいます。イーストウッドって、米国人にとっては、ヒーローみたいな感じです。
Re: キャットラヴァー様
やっぱりあの映画、定年後の仕事のアイディアを与えるんですね!
イーストウッドは偉大な映画人と思います。ご覧になったら感想を聞かせてください。


コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ