FC2ブログ

アラン・ドロンの涙

60年以上のキャリア、ヴィスコンティ、アントニオーニ、メルヴィル、ルネ・クレマン・・・名監督の映画80本に出演したアラン・ドロンが、カンヌで一度も賞を取っていなかった 、というのはびっくりだ。

日本でこそ人気があるけど、母国では傲慢で自意識過剰、扱いにくい、と言われ、カンヌとも長年仲が悪かった。
それで83歳まで待たされたのか・・・ようやく、これまでの功績にパルム・ドール名誉賞が与えられることになった。という発表に、Women and Hollywoodというアメリカのアソシエーションが反対署名運動を始めた:人種差別、ホモ差別、女性蔑視のアラン・ドロンに名誉賞などとんでもない!
署名は2万5千を超えた。

19日のジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューでドロンは、
「そんなことを言うアメリカ人は誰なんだ?彼女たちの作り事だ。私はゲイの結婚に反対ではない。そんなことどうでもいい。好きなようにすればいい。でも同性の両親が養子を取るのには反対だ。子供には父親と母親が必要だと私は思う。
私が女に平手打ちを食わせた?それは事実だ、でも自分がやったのより多くの平手打ちを食らっている」
「これだけ長年やってると鬱陶しがられる。『アイツまだいるのか』と。長続きする成功は嫌われ、色々言われることになる」
だからいちいち気にしていられるか、と。

83歳にしては、背筋がピンとして歩き方も堂々としている。お腹がちょっと出た?

アラン・ドロン、カンヌ映画祭
photo:linternaute.com

19日夜、パルム・ドール名誉賞が、娘さんのアヌーシュカの手から渡されると、毒舌は姿を消し、感動で涙声になった。

アラン・ドロン、カンヌ映画祭
photo:closer

「私がスターだとしたら、それはほかの誰でもない、観客のみなさんのお陰だ」
ピガールのチンピラだった自分をスカウトしてくれる人がいなかったら、今頃死んでいたか、刑務所だっただろう、とインタビューでも語っていた。
「最初、私の武器は顔(美貌!)だけだったけど、それだけなら1年と持たなかったはず。私が大根だったら、これだけ長続きしなかった」と付け加えるのを忘れない。

カンヌのステージでは「こんなにメソメソするのは滅多にない」と自嘲し、
「私はいずれ“旅立つ”。でもみなさんにお礼を言わないでは旅立てない」
“傲慢さ”が微塵もない映画界大モンスターの挨拶に、会場は盛大で長い拍手を送った。

さて、パパにパルム・ドールを手渡したアヌーシュカ・ドロン。
ドロンの女たちの中で母親は誰でしょう?
ロミー・シュナイダー、ドイツ人歌手ニコ、フランシーヌ・カノヴァ(ナタリー・ドロン、アントニーの母)、ダリダ、ミレイユ・ダルク・・・答えはオランダ人モデル、ロザリー・ファン・ブリーメン。ドロンは彼女との間に2人の子供、アヌーシュカとアラン=ファビアンがいる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
彼はマエストロの風格がありますね。
インタビューは入れ歯のせいか滑舌が悪いのが残念です。
彼自身もヴィスコンティとゲイ疑惑があったのではないですか?
巨匠監督たちに愛されて彼自身もマエストロの域に入っているように思います。
フランス映画の大スターの受賞、筆の運びも自在闊達ですね
長谷川さま
 この日の記事「映画界の大スター、カンヌ映画祭での受賞」を拝見。こちらは、日ごろから慣れ親しんだ分野とあって、筆の運びも滑らかで自在そのもの。行間からは、まるで我が事のような喜びが溢れ、宛ら水を得た魚の如き闊達さです。
 で、云われてみれば、御大アラン・ドロンの映像を長らく視聴していない事実に気づき、ネット上であちこちと検索したところ、昔の出演作を発見。

Les Aventuriers, 1967

 もう50年以上も前の制作なので、主演俳優のアランドロンも思いっきり若く見えます。以前は、この他にも、「太陽が一杯, Plain Soleil」や「侍、Samourai」もネット上に掲載されていたのですが、何時の間にか消滅して居ます。

 久しぶりに時間をかけて鑑賞したいものです。お元気で。
お教えください。
昨年、NHKでアラン・ドロンのインタビューを放送していました。
現役のオスとしての艶やかさに、ひとを殺めたことがあるだろうなと(間接的にしろ)感じさせる悪の匂い。それらが絶妙に発酵して、昔以上の魅力を放っておりました。
 ドロンといえばマストロヤンニ。と、昔日本では、イタリア男のマルチェロ・マストロヤンニとその美貌を、競い合っていたような気がします。(思春期の頃のあやふやな記憶ですが。)
今もその存在と美貌は健在、うれしい限りですが、「ドロンってなに?だれ?」と名前すら知らない世代もおり、時の移り変わりも感じております。

ところで、「ロシュフォールの恋人たち」を見返してまして、ジャック・ぺランの美しさに驚いております。
ぺランは、当時から、繊細な外面の美からは思いもつかないような骨太の、制作側の仕事を志していたようですが、現在のフランスにおけるぺランに対する評価、位置づけといったものはどのようなものなのでしょうか?
お教えいただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。



コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ