FC2ブログ
終身刑の求刑で、26年ムショ暮らしをしたジャン=クロード・ロモンが28日、条件付き釈放になった。

ジャン=クロード・ラモン 一家5人殺害犯
photo:Yahoo actualités

ジュネーヴのWHO(世界保健機関)に勤める医師、と15年間偽り、家族や友人に「スイスに有利な投資がある」と言ってまとまった額を預かり、それを“給料代わり”にしていた。(そんな巨大なウソが家族に15年間バレなかったのも非常に不思議)
1993年1月、ついにバレそうになったとき、妻を麺棒で撲殺、ついで2人の子供(7歳と5歳)を銃殺し、実家に赴き両親も銃殺した。(義父母ではなく、実の両親でした。指摘していただいた読者の方、ありがとうございます!)
映画や小説にもなった有名な事件だ。

事件当時のラモンと殺された家族

ジャン=クロード・ラモン 一家5人殺害犯
photo:faitsdivers.org

フランスの終身刑は原則、禁錮22年目から条件付き釈放を申請できる。ジャン=クロード・ロモンは2015年から“釈放可”だったけど出してもらえず、今回、GPS足首ブレスレットつきで釈放になった。と言っても、どこで行ってもいいわけではなく、イル・ド・フランスやブルゴーニュなど立ち入り禁止、被害者の家族に接触禁止、メディア登場禁止・・・
アンドルの修道院が受け入れ、庭の手入れとパソコン指導をするそうだ。

この条件付き釈放には「ええ!」という声が少なくない:殺した人数もハンパじゃなく(しかも自分の子を)、15年間巧妙にだまし続けた性格は変わっていない。つまり判事や裁判官も丸め込まれたんじゃないか。
確かにこの人からパソコン指導を受けたくないわね。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ