FC2ブログ
先週からニュースに頻繁に登場するフランソワ・ドゥ・リュジーとオマール海老。
「自分にウソはつけない」と辞任したニコラ・ユロの後にエコロジー相になった人だ。

フランソワ・ドゥ・リュジー、エコロジー相
photo:lemonde.fr

有料ニュースサイトMediapartが、彼のびっくりする贅沢ライフを暴いた:2017~2018年、彼が国民議会(下院)議長だったとき、公金でプライベートな夕食会(複数)を開き、テーブルには巨大なオマール海老やら、議会のカーヴから持ち出した最高級シャンパン&ワインが並んだ。

2年前に一緒になったマダムは、ゴシップ雑誌Galaのジャーナリスト。派手そう・・・

フランソワ・ドゥ・リュジー、エコロジー相
photo:20secondes.fr

また官舎(既に設備の整った)の内装工事費63.000ユーロは“国民の税金”から出た。
運転手は3人(原則2人まで)抱え、妻の息子の学校の送り迎えをさせていた。

フランソワ・ドゥ・リュジーの最初の言い訳、
「オマール海老は好きじゃない。妻はアレルギーだ。シャンパンは頭痛がするので飲まない」を聞いた人は思わず吹き出した。
そういう問題じゃないだろうに!
国民が食べるパンがない、と言われ「じゃブリオシュを食べればいいじゃない」と言ったマリー・アントワネットといい勝負だ(実はこの台詞、アントワネットではなく他のお姫様だそう)。
この人たちはバカでも的外れでもなく、全く別の世界に住んでいるのだ。

大統領選立候補者だったフランソワ・コッペがTV番組でパン・オ・ショコラの値段を聞かれ「10~15サンチーム」(実はこの約10~15倍)と答えたのも然り。
それを聞いたブローニュのパン屋女主人が15サンチームの「ムッシュー・コッペのパン・オ・ショコラ」を作った。

フランソワ・コッペのパン・オ・ショコラ

それに大笑いして、女主人に会っちゃうユーモアがコッペにはあったけど、もう一人のフランソワ(ドゥ・リュジー)は可愛くない。
「フランスは、“スウェーデン大臣のチョコバー”が手本ではない」と開き直る。
職務用クレジットカードでトブラローネ2本を買い、辞任に追い込まれた労働相のこと。
しかし2017年には「諸外国の議会が実践していることをお手本にしたい、例えばスウェーデンの“透明さ”」と言っている。
言ってることとやってることが違い、違う金銭感覚の世界に生きている人たち。

「大統領、首相までは国の顔だから仕方ないとして、議員まで贅沢させる必要がどこにある?」と息子。
「ルイ16世をギロチンにかけて人民主権の共和制を確立したはずなのに、結局中身はそう変わっていないんじゃない?」
片や、公共病院や学校はお金がなくヒーヒー言っているのに。

さすがにフランソワ・ドゥ・リュジーは昨日辞任した。「メディアのリンチだ」「訴える」という捨て台詞を残して。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメント
日本の政治家も。。
タカコさん

こんにちは!
東京は梅雨真っ盛りで、例年に比べて日照率が低いらしく、毎日気温は低めですがジメジメ・シトシトの日が続いています。

そんな中、参議院選挙のキャンペーンがスタートし、街中で候補者の名前を連呼する、あの騒がしい光景が始まると思いきや、今回はどんよりした天気のせいか大人しいような気がします。

日本も、パワハラや(男性秘書に暴力をふるい書類送検された”女性”議員もいます)、戦争を容認の発言をしたりするとんでもない政治家がいます。

はたまた、好意を持った女性職員の机の中を物色したり、応援演説で候補者の功績を「子供を作ったこと」と失言したり、、、
しょぼい政治家が増えたもんだ、、とため息ばかりが出ます。

フランスでは政治家の不祥事は公金の使い方の問題が多いのでしょうか。
タカコさんも以前お書きになっていましたが、恋愛の国フランスでは、ミッテラン元大統領のように女性関係の問題はあまり問題視されないようですね。
(日本では好奇心も相まって、ここぞとばかりにブッタ切りにされますが。。。笑)
Re: 日本の政治家も。。
クリスタルさん、

コメントありがとうございます。
フランスは逆に雨が降らずカラカラで、その上、昨日今日と記録的な暑さ!パリで43度(もちろん日陰)でした。

フランスでもMe tooの影響で議員のセクハラは問題になりますが、合意の元の女性関係は叩かれないですね。
叩いてたらキリがないんじゃないでしょうか。
フランスの方がまともかも
辞任するだけまだマシですね。。。
日本では首相をはじめ、何をしてもしらばっくれて辞めません。マスコミが報道しないのでテレビしか見ない人は何も知らないで選挙にも行かない人も多いです。だからずっと政権交代出来ません。
あまりの酷さに憂鬱になります。。

楽しいブログありがとうございます。知らない土地の話は面白いです(^ ^)
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ