FC2ブログ

海岸ウォッチング

「バカンスどこに行くの?」と聞かれ、
「ボーリュー」と言うと、「ああ、あそこは美しい」という答えがよく返ってくる。

Beaulieu sur mer=海辺の美しい場所、だから反射的に「美しい」というみたいで、その人が本当にボーリューを知っているかは別問題だ。
人口3700の小さな町で、駅の横に大きなスーパーがあり、山側に古びたホテル、ピザ屋、あまり入る気がしないプレタのブティックなどが並ぶ。
「美しい」という形容詞はすぐ浮かばないけど、カンヌやモナコのようにブリンブリン(見せびらかしモード)でなくて感じがいい。

この小さな海岸町がニュースになったのは、マクロン大統領が中国の習近平との会談をここで行ったときだ。
ルノートルの会議・パーティ場が使われた。

ボーリュー

ボーリュー、マクロン
photo:paris match

さて蟻の入江に私は寝そべって、ロバート・ケネディ暗殺のミステリーを読みながら、時々周囲の人間を観察している(だからけっこう忙しい)。
みんな、日本人がぶっ飛ぶくらいガンガン焼いている。日焼けすると引き締まって見える、元気そうになるから。
私は焼いても平気な肌だったけど、数年前、パリに帰ったら、シミができていた。ヤバい。年のせい?
以来、脚は日向に、顔は日陰にし、コーダリーのラディアンスセラムを使っている。シミ防止に効くみたいで現状維持。その上にクラランスのSpray solaire 50+というのをつける。身体にもたっぷり。

この女性、よく見るとビキニの上に小さなタトゥー。この場所にタトゥーしている女性が多い。

ボーリュー海岸

そこへ現れた家族、3児の母は腕にびっしり、パラソル立てにいそしんでいるお父さんもお揃いのタトゥー。
娘たちはさすがにまだだ。
彼女(彼)の名前を彫って、別れたあと消すのに苦労する人が多いそうだ。

コートダジュール海岸

フランス人の36%がタトゥーをしているそうで、一番多いのはイタリアで2人に1人。
日本では刺青=ヤクザ、暴力団、のイメージがあって、タトゥー、刺青のある人を禁止している温泉やプールがかなりある、と聞くのでこの人たち、拒否されるってこと?
2020年オリンピックに外国客がたくさんやってきて、温泉にもプールにも入れないとなると・・・少し緩和したほうがいいんじゃないでしょうか。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ