FC2ブログ

同性カップルの結婚式

夫の“また従妹”が結婚する、のは珍しい話じゃないけど、彼女は63歳で、相手は70歳の女性だ。

そう、私たちは初めて同性の結婚式に参列することになった。
フランスで同性の結婚が認められたのは2013年5月。それから2017年末まで4万組の同性カップルが結婚しいる。

ところで、“また従妹”カップルは30年も一緒に暮らしているのに、なぜ今さら結婚するのか?
別の友人カップル(ヘテロ)も60歳をはるかに過ぎて結婚した。それは、どっちかが先に死んだ場合(まず同時に他界することはないから)結婚していないと、遺産が子供(いなければ甥、姪)に直行してしまうからだ。
残されたほうが、家を追い出され路頭に迷うことがないように、という計らい。

新婦たちはモントルイユに住んでいるので、結婚式はモントルイユ市庁舎で行われた。
市庁舎で結婚するにはウェイティングリストが長くて待たされる。彼女たちも春から待って10月になった。
私たちも市庁舎で結婚したけど、やっぱり順番待ち。息子の出生届を大使館に出す期限があったので待っていられず、越境して結婚したんだった。

助役の女性が参列者を席につかせると間もなく、市長さん登場。若い。30代に見える。

同性の結婚式

結婚の誓約にサインする2人。

同性の結婚式

隣に座っている新婦の姉に「市長さん、左派?右派?」とヒソヒソ声で聞くと、
「ううん、ゲイなの」という答え。
彼女にとってはそれで十分、左派でも右派でもかまわんらしい。

確かに。パリ市長だったドラノエさんは、選挙前に自分がゲイであることを表明し、堂々当選。ホモセクシュアルを日向に出すのに大きく貢献した。

市庁舎での結婚式は20分くらいで終わる。若いカップルのアツアツはなくても、長年の愛情が感じられて、何より2人がとても幸せそうで感動的だった。

その後、彼女たちの家で行われたブッフェも感動的に美味しかった。
手前はスズキとサーモンのカルパッチョ。いくつでも食べられる!

同性の結婚式

デザートはティラミスとパナコッタ。

同性の結婚式


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ