FC2ブログ

ナント一家惨殺犯人は・・・

「グザヴィエ・デュポン・ドゥリゴネス、ついに逮捕!」のニュースは金曜日の夕方。
この長ったらしい名前の男は、2011年4月、ナントで妻と子供4人を殺害し自宅の庭に埋めた疑いで、国際指名手配になっていた。

ナント一家惨殺事件
photo:parisiens

「なんと8年半逃走していたドゥリゴネスがグラスゴーの空港で逮捕されました!」とキャスターも興奮、ラジオはすぐに特集番組になる。
逮捕の状況は、ドゥリゴネスがパリのシャルルドゴール空港からグラスゴー行きの飛行機に乗る、という告発があり、パリ警察は空港に向かったけど間に合わず、すぐにスコットランド警察に通報。ドゥリゴネスはグラスゴー空港で待ち構えていた現地の警察に逮捕され、指紋が一致した。
盗んだらしきパスポート(ギイ・Jの名前)で「何度か整形手術をした模様です」。

さらに当時の事件を振り返り、犯罪学者や“ナント一家惨殺事件”について本を書いたジャーナリストがインタビューされ、
「自殺説も有力だったけど、私は生きていると信じていた」と得意げだった。
・・・という特集番組を私は最後まで聞いてしまった。

自分がWHOの医師と家族に偽り続け、ウソがばれたときに妻、子供、自分の両親を殺害したのはジャン=クロード・ロマン
ドゥリゴネスは相次いで事業に失敗し、夥しい借金があるのを家族に隠していた。事件の前に「もう自殺か集団自殺しかない」というメールを友人に送っていた。
どちらも、秘密やウソがバレそうになった時だ。ルース・レンデルの名著『ローフィールド館の惨殺』もそうだものね。

翌日の土曜日、“念のため”DNA鑑定、とフランスの警察がグラスゴーに向かい・・・なんと人違いだったことが判明。
まず夜半に電話してきたギイ・J氏の隣人の証言、
「J氏は30年来の隣人でドゥリゴネスであるわけがない」で仏警察は疑いを持った。
DNA鑑定でその疑いは事実になったんだけど、原因は指紋の判定がフランスとスコットランドの警察で違うこと:フランスは12点の特徴一致、スコットランドは3点一致!

24時間、一家惨殺犯人と間違えられたギイさんは、スコットランド女性が奥さんのリタイアした男性。顔がちょっと似ていたらしい。
それを「何度か整形手術をした模様です」だなんて!
スコットランド警察のアバウトさとメディアの先走りの結果。
グザヴィエ・デュポン・ドゥリゴネスはこのニュースを見ていたに違いない・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村










スポンサーサイト



コメント
ナント!まあ!
(…言ってみたかっただけ・・・)
Re: 蓮さま
実は、わたしも言ってみたかった!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ