FC2ブログ

ネズの番

鋭い鳴き声で目が覚めた。猫はあんな声を出さない、犬でもない。まさか・・・
鳴き声だけじゃなくて猫たちの走り回る音が聞こえ飛び起きると、果たしてリュリュが何者かを廊下の隅に追い詰めたところ。
金属的な鳴き声はその動物が発していた。ハツカネズミ(souris)よりでかくて、色も黒い気がする。

攻撃の前線にいるのはリュリュ(さすがモト野良猫)、タマはその背後に控えて眺めているだけ。
リュリュが前足で捕えようとしたとき、その黒ネズミは石の壁を駆けのぼった。
おお!そんなこともできるのね。でも上ったところで天井に穴はないから逃げられない。
猫たちは悔しそう。しかしネズミはあっけなく落下した。

この戦いはしばらく続きそうに見える。第一、私ひとりでは捕まえられないし、寝室のドアをきっちり閉めて頭からお布団を被った。

翌朝、リュリュは階下のソファの前で見張りにつき、タマは興味を失ったようだ。
夫に話すと「ドブネズミ(Rat !)は鳴くっていうよ」と恐ろしいことをいう。
娘にも「黒くて大きいドブネズミ」の見張りを頼んで出かけたら「鳴き声を聞いた」という不吉なメッセージが届いた。

夜、日本語の生徒さんイザベルがいるときに、近くで鋭い鳴き声がして2人とも飛び上がった。
ネズミはCDプレーヤーとスピーカーの後ろに逃げ込んでいる。
「あたしが捕まえてあげる」とイザベル。なんと頼もしい!
彼女は紙袋をスピーカーの前に開き、「ホラ、こっちにお出で!」
犬じゃないんだから(イザベルは犬を飼っている)来るわけないじゃない。
24時間、猫2匹の爪から生き延びた狡猾なネズミなのだ。袋にチーズのかけらを入れてみたけどその手には乗らない。
「ドブネズミ?大きい?」
「ううん、小さいハツカネズミ」
「??」
「黒い?」
「ううん、グレイ」
「・・・」
2メートルほど離れてハラハラしていたら、ネズミは隠れ家から走り出て部屋を横切り(確かに小さいハツカネズミであった)ソファの下に逃げ込んだ。
リュリュが見張りの部署についたので、しばらくは出てこないであろうと。
「ネズミ捕りおいたら?」とイザベルは帰って行った。

これはイヤだけど・・・(誰が捨てる?)
piege-a-souris 4

生け捕りにするなネズミ捕りもある。でも大人しく入るかね?
piege-a-souris2 (2)

「黒くて大きいドブネズミだって!」「ネズミとなるとオーバーなんだから!」と家族からバカにされたことは言うまでもなく。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ