FC2ブログ

12月5日:誰が何でストをするか

「12月5日が近づいています」「後1週間となりました」とニュース。
恐れられているこの日にストをするのは:

SNCF(フランス国鉄)
これまで“鉄道員”は特権的年金制度を享受してきた。定年年齢:運転手は52歳から、事務職は57歳から。
一方、民間企業は62歳から。
この年金制度はなんと1909年にできたもの、つまり蒸気機関車の時代だ。ゾラの『獣人』の映画で、ジャン・ギャバンが顔を真っ黒にして石炭をくべていた時代。
1世紀以上前の制度が、オートマチック化された今も続いているのが驚きだ。
マクロン大統領はこの特権を廃止し「みんなと同じにしようね」と言っている。なぜなら、国鉄職員の年金は33億ユーロの赤字に達している。
これに反対し、SNCFを代表する4つの労組がとストを予定。「蒸気機関車時代の権利を失いたくない!」
理解に苦しむ。

RATP (パリ交通公団)

9月13日のストでパリを麻痺させたRATPは、年金改革に反対して12月5日から無期限ストを予告している。

フランス、12月5日のスト
photo:le Parisien

住民は「車か自転車か歩き」という選択肢になる。パリは“歩いてどこにでも行ける”大きさの街ではあるけど。

エールフランスの地上勤務員もストをする。彼らはいい給料取ってるのにね。

病院
予算不足、人出不足で、思うように看護できない、という国立病院の訴えはもっともだ。
11月20日、政府は追加予算と病院の借金を3年がかりで肩代わりすると提案したが、それでは不十分と12月5日の全国ストに加わる。

教師
教育制度改革に反対し、手当と賞与の少なさを訴えるため3つの労働組合がストを決めている。
つまり授業に来ない先生がいるってこと。生徒は喜ぶ?

黄色いベスト
「年金制度改革に反対する多数の労組と利害が一致する」とデモを決定。一致しなくてもするでしょう・・・

ということで、1週間後に迫った12月5日、買い物や用事は事前にして外に出ないで大人しくしていたほうがいい。
恐ろしいのは「継続可」とか「無期限」と言っていること。

1995年のストを思い出す。11月、当時の総理、アラン・ジュッペが、公共企業(SNCF、RATP、EDF)の年金制度を民間企業と同じにするを発表。それに反対して3週間、交通がストップし、政府は折れた。
クリスマス・年末シーズンだったため、旅行者は減り、外出・買い物も減り、小売店やレストランの倒産が相次いだ。
またそんなことになっていいの?
「木を見て森を見ず」という格言、知らないのかね・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント
ストが続いても社会が回る不思議
今年も楽しく拝読いたします!
日本の国鉄も民営化が大変でしたが、フランスの国鉄も年金改革ではなく民営化が必要なのかもしれませんね。そんなこと提案したら、もっとストが長引きますね。。。収束の兆しは見えたのでしょうか。

Re: ストが続いても社会が回る不思議
一か月以上続いて、まだストに賛同する人が50%いる、というのがさらに不思議で、腹が立ちます。
ストで最も迷惑しているはパリの住民で、主に車で移動する地方の人は困っていない、というのがその理由のようです。
政府がどこまで折れるか、ですね・・・
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ