FC2ブログ
試したことのあるアライアのドレスは、立体的なフォルムの中に身体を閉じ込め、つまり身体の線が露わになる。
これでご飯食べたらお腹がボコッと出るじゃない!値段だけでなくフォルムも高嶺の花。でもうっとりするくらい美しい。

アズディヌ・アライアが亡くなったときは、だから悲しかった。年齢不明だったけどもう82歳だったのだ。

2007年、彼は自分の作品とモード&アート収集品を護るアソシエーションAssociation Azzedine Alaïaを作り、そこでエクスポが開催されている。『アライア&バレンシアガ、フォルムの彫刻家』

1968年、バレンシアガは飛躍しつつあったプレタポルテの波に乗れず(ごもっとも)突然メゾンを閉めることにした。
メゾンの№2だったマドモアゼル・ルネは、残ったドレスや生地を前に途方に暮れる。お蔵入りさせるのはもったいない。
バレンシアガの技術は継承されるべきだ。彼女の頭に浮かんだのがアライアだった。
「好きなものを持っていって」と言われた若いアライアは、その構築的なフォルム、高度なテクニックにぶっ飛ぶ。
以来、バレンシアガは彼の“お手本”となった。
「お客さんが『直してくれ』とバレンシアガの服を持ってくると、それをもらって新しい服を提案した」とアライア。師の作品にハサミを入れることはできなかった。

半透明のガラスで仕切られた会場には、バレンシアガとアライアの作品が並んでいる。
立体的、構築的な作り方は共通、でも決してコピーではない。服に対して同じ信条を持つ2人の、2つの時代の表現法だ。

アライア&バレンシアガ展

アライア&バレンシアガ展

会場は『写真はOK、でも触ってはダメ』
でも思わずアライアの革のスカートに触り、その柔らかさにびっくりし、背中の切り替えのこだわり(こうしないと身体に添わないのね)に感激した。

アライア&バレンシアガ展

アソシエーションの中にバッグ、靴、香水まで揃ったブティックがある。でも「写真禁止。触るのもダメ」。
「触っちゃいけないって、でもここブティックでしょ。試着できるんでしょ?」と聞いたら、
展覧会で触れなかったので、フラストレーションになった人が触りまくるので、というお返事。
「とりわけ白いシャツに触るんですよ」
なるほど。
仲良しの新間美也さんと娘と一緒に「これ、あなたに似合いそう」と夢みたいなことをいいながら、アライアの世界に浸った。

アライア亡き後、デザインチームが過去の作品から選んでコレクションを作っているそうだ。
バレンシアガはアライアが継承した。アライアを継ぐ人が現れるだろうか?

ALAIA et BALENCIAGA
18 rue de la Verrerie 75004 Paris
毎日11h~19h
入場料:5ユーロ
6月28日まで


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
アライアは、もとは彫刻を勉強したのではなかったかな?作品をみるとそう思えますね。この展覧会、ブティック内でやっているのですか?
Re: カサイ カオリ様
ほんと!チュニスで彫刻を勉強したんですね。
展覧会はブティック(rue de Moussy)のすぐ近く、確か2年前にできたアソシアシオン・アズディヌ・アライア内です。
ここにブティックもあります。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ