FC2ブログ

コロナ治療薬、臨床テスト始まる

日本の感染者数、死者数は少なすぎる感じがするけど、日本人は握手しない、(挨拶代わりの)キスしない、清潔好き、なのでその結果かもしれない。
一方、フランス人(特に男性)に頻繁に手を洗わせるのは至難の業。
夫なんか手は一度洗えば清潔、と思っているらしく、食卓に直行してくる。
「手、洗って」と言うと、
「だって今日は外に出ていない」とムッとするのだ。
「あの歳で習慣は変えられないから見張るしかない」と娘。

パリを脱出してブルターニュや南仏で「隔離生活」をしている人たち(セカンドハウスを持っているんだからリッチ層だ)は、
「どうやら隔離とバカンスを混同しているようです」とニュースキャスター。
海岸でくっつき合って日光浴している人たち、複数で散歩している人たちが映った。
ニース市長は怒ってプロムナード・デ・ザングレを閉鎖した。
言うことをきかない子供からオモチャを取り上げるみたい。
その上、ニースをはじめコートダジュールの数都市で夜間の「couvre-feu/外出禁止令」が出た。
マクロン大統領が繰り返し言っていたように、わたしたちは”戦時中”なのだ。

ニース、プロムナード・デ・ザングレ閉鎖
photo:LaPresse.ca

隔離して感染者を増やさないようにする一方、コロナ治療薬の臨床テストが20日に始まった。

コロナ治療薬、臨床テスト
photo:AFP

フランスが率先して、ヨーロッパで計3200人の感染者(うちフランスは800人)を4つのグループに分け、
①グループにはエイズのアンチウィルスKaletraを投与。

②グループはKaletra+インターフェロン(病原体の体内侵入に反応して細胞が分泌するタンパク質)

エボラ治療薬として開発されたRemdesivir/レムデシビルを投与。この薬はアメリカから届くのを待っているのでテスト開始が少し遅れる。

④すべての対照実験と同様にプラセボ(薬の成分は入っていない偽薬)を投与。ただし他の感染者(テストに参加していない)と同じ肺疾患の治療薬や酸素呼吸は続けられる。

「例えば③グループの投薬で効果があったら、他のグループの患者が文句を言うんじゃない?」
「そうなったら全員、効果的な薬に切り替えるだろう」と夫。
逆に悪化した場合はもっと深刻だ・・・
でも患者さんの同意を得て実験するわけだから。まぁシロウトが余計な心配してもしょうがない。
結果が待たれる!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ