FC2ブログ

新しい朝市の形

どこから入っても出てもいいのが、ふつうの朝市の姿だけど、今日は周囲に赤いテープが巻かれ、横入りできなくなっていた。
市場の始まりと終わりに警備員が立っていて、入場者を制限している。

大人しく待つ人たち

バスティーユ朝市再開

市場の中には何十人という人が右往左往しているし、出口は2か所あるので、どうやら目算で入れているらしい。
でも警備員(オレンジのベスト)は、目算のプロのようには見えず、かなりアバウトな感じがした。

バスティーユ朝市再開


外出禁止が解除になってから初めての週末。お天気が良くて、けっこう人が出ていて嬉しくなる。

バスティーユ朝市再開

2か月前、朝市の閉鎖は突然決まり、商店たちはストックを捌く猶予がなく、多大な食材とともに籠ることになった。
これはレストランも同様だ。
八百屋のエルザおばさんは「野菜が冷蔵室一杯だもの。途方に暮れたよ」
そこで、パリから50㎞の自宅の前に屋台を出して売り始めた。

エルザが送ってくれた”その図”

elsa

警官が見に来たけど、生活最低必需品なので許可された。
パリの“お得意さん”には配達サービスを始めた。隔離の後半1か月、わたしも配達してもらったひとり(ホッホ)。

チーズ屋のクリストフも「腹が立ったね」
「だれに?Covidに?」
「いや、政府に。だって前触れなしにいきなり閉めろ、だもの」
彼も膨大なチーズのストックを抱え、近所の人にあげたり、朝昼晩、自分たちで食べ続け、
「チーズはしばらく食べたくないね」

売る側は全員、お客さんは7割くらいがマスクをしている。
お客間の間隔は「1m」だけど、お店によってマチマチ。

marche_20200518025122e88.jpg

入場制限、安全な間隔、マスクが“新しいふつう”になるのね。
2か月間、スーパーでの買い物は味気なかった。朝市には季節があり、会話がある。再開は喜ばしい!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
たかこさん、こんにちは。ほんと、この2か月間には色んなことがありましたね。私は食料品市場には立ち寄れず、近所の八百屋と相棒が購入してくるスーパーマーケットのもので凌ぎました。エルザおばさんは自宅の前に屋台を出したりパリのお得意さんに配達したりと逞しかったですね。チーズ屋のクリストフおじさんは、暫くチーズは食べたくない・・・ぷぷぷ。面白い。チーズ屋さんなのにねって、確かに気持ちは理解できます。イタリアは明日の月曜日にまた一歩前進です。こちらでもマスク姿がスタンダードな姿となりました。変われば変わるものですね。
レストランに行く勇気がないので、まだ行っていません。多くの人達が、テイクアウトを利用しているのが事実みたいですね。レストランの前を車で通ると、人は入っていない感じです。
グロスリーストアーは、驚いたのが、スムーズに入店できました。もう、列を作って、待つ事がない。
混雑していなくて良い感じでした。酒屋の方も、スムーズでした。ただ、どこも出入口が別々、そして、間隔も変わっていない。レジで購入するときは、外出禁止令が出た時と一緒。あの間隔と購入した人間が支払ってさった後には、スプレーをかけて、綺麗に拭き取っています。
市場で働く方々の心情、とっても理解できます。突然、前触れもなしに立ち退けって言われたら、本当に腹が立ってしまう。彼らだって、生活があるのですから。米国だと、こんな事があったら、きっと誰かが発砲して、暴動にまで発展しかねない(汗)
私も、今は、買い物するときはマスクとグローブを使っています。これが、習慣になってしまいました
こんにちは!
フランスも突如の禁止令では、
お店の人たちも困ったことでしょうね。
でも、50㎞離れた野天で売りさばくとは
たくましい!
でも、市場が開いて、日常が取り戻せつつある、
人の姿を見ると心配半分、うれしさ半分ですよね。
Re: yspringmind様
エルザおばさんの宅配は助かりました。本人は「慣れないんで間違えて、また最初からやり直したりして疲れ果てた」と言ってましたけど。
イタリアはカフェ、レストランが開き始めたんですね。第二派が来ないのを祈ります!
お大切に。
Re: キャットラヴァー様
発砲!・・・ありそうですね。フランスだとデモでしょうか。
こっちでレストランが開いても4㎡の間隔なら、テイクアウトを選ぶ人が多いでしょう。
外で一緒にご飯を食べる、という楽しみはいつ戻ってくるんでしょうか。
Re: マダム・ヒーヅル様
そうですね、市場だけでなく、道にもたくさん人が出て街は生き生きしてきましたが、第二派が来ないか心配です。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
アーカイブ