FC2ブログ
週末、ルレに行ってみたけどダウンは届いていなかった
「電話で聞けます?」
毎日「あたしのダウン・・・」と聞きに来るほどヒマじゃない。ところが、
「いいえ、電話応対はしてません」だって。

そこで、ようやく気づいた:Colisprivéのサイトではなく、ユニクロに直接談判したほうがいい。
いただいたコメントに書かれていたように「ご縁がなかった」と思えるほど、わたしは達観していないのだ。

ユニクロのサイトの「Livraison」「FAQ」と進んでいった奥深くに、問い合わせの電話番号があった。
これで半分解決したようなもんだ、と電話すると
「電話の会話はすべて録音されるので、されたくない人はメールにしてくれ」
「Covid-19のせいで注文が殺到しているので電話の応対も混みあっている。サイトのFAQを見てくれ」・・・とかかなり長い録音を聞かされたあとで、やっと生身の人間が出てきた。
「指定のルレに配達されたというメールを10日にもらったのに届いていない」というと、
「それでは再配達の依頼を・・・」と若い男性。それを遮って、
「一度『配達された』メールが来ると、再配達の手配ができないようになっていて、出口なしの堂々巡りなんです」
「ああ、わかります、すごくよくわかります」
男性は何度も頷き(見た訳ではないけど)
「Colisprivéにはけっこう問題があるんですが(やっぱり)それは初めてのケースなんで(まさか!)僕にはわかりません。上司に聞いてからお返事するので数日かかります。どこか他のルレに配達された場合、本社に送り返されてきますが、それには2週間くらいかかり・・・」
「!!」
本社に戻ってから再配達され、それがちゃんとルレに届くかという保証もなく、そのうちクリスマスプレゼントの返品が殺到し、一層グチャグチャになっていく・・・そんなことをしていたら春になってしまう。今、パリは寒いのだ。
「今すぐ返品の手続きをしたら?」
「はあ、なるほど。そのほうが手っ取り早いかも」
この男性はかなり話がわかる。ユニクロの教育?
わたしは返品、返金の手続きを頼んで電話を切った。

「お店に行って買えばよかったのに」と娘。
「外まで行列してるし、サイトのみのオファーだったのよ」

ユニクロ(↓)は諦め、モンクレールのヴィンテージをもう一冬着ることになった。

down-graph-women-FR.jpg

東京の息子が留守中に宅配便を受け取り、再配達受付の紙を見せてくれた:ネットでも電話でも再配達を頼めて、担当ドライバー直通番号も書かれていて、時間指定までできる。夢のよう・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング
スポンサーサイト



コメント
たか子さんのお気持ちよく分かります!私事ですが、11月にユニクロのサイトで買い物をしたとき、不幸にもサイズが合わず返品手続きをしたのですが…そのときに家から一番近いルレに持っていったのはいいものの、一週間以上たっても返金されず、ルレの荷物の検索サイトで検索すると宛先があってませんってでるんですよ!ルレに何度電話かけても誰もでず、何度目かの正直でやっとつながり、無事に返品され払い戻しされましたが、結局2週間かかりました。ユニクロは安心って思っていましたが、こういうことがあると次回は躊躇してしまいます。
頑張って下さい!
宅配便、凄くよく分かります。私も何度ヤキモキしたか分かりません。が、フランス人の夫が電話すると再送してくれたり、遠い郵便局で見つかったり一応、手元には届くので、たかこさんのご主人に電話していただいたら、また違うのではないでしょうか。
因みに、私も12年同じモンクレール愛用です。ユニクロは質は良いのかもしれませんが、ブティックに入るドキドキ感とオシャレパリマダムたちを見てきた店員さんのアドバイスがないですからね‥。12年経ってもモンクレールを着ると背筋が伸びる気がして好きですし、着られている方を見ると、アッと思いますよ。まあ、今はモンクレールもブティックで買うよりもネットになってしまいましたけどね。
ダウンに高い値段を払うぐらいだったら、その分を冬コートに回したいと思っていたので、ユニクロダウンの存在を思い出させてくださって、ありがとうございました!
Re: ミキオ様
コメントありがとうございます。
やっぱり・・・ユニクロだから、と安心できませんね。
うちの周囲には一朝一夕にルレになった店が数件あり、店番の人も頼りにならない感じです。
11月でそうだったら12月は大混乱でしょうね・・・
Re: 通りすがり様
ありがとうございます。
夫はすぐかっとなるほうで受話器を叩きつけたりするので、解決する話も解決しなくなります。
モンクレールは、値段設定の高さが腹立たしいですが、やっぱりいいですね・・・
Re: 恵子さま
冬のコート、今年はソルドの下げ幅が大きそうで(売れなかったから)買い時なのでは!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ