FC2ブログ
医療関係者たちがこぞって「予防的ロックダウン」を薦めたのに「しない」とマクロンが決めてから2週間ちょっと。
この1週間、一日の感染者数は2万人を超えず、入院患者も微かに減りつつある。
「2021年がコロナのヴァリエーションの年ではなく、パンデミーに勝つ年であるように」と健康相オリヴィエ・ヴェロン。

この楽観的展望に一部の地方議員は怒っている。
北フランスのダンケルクでは10万人中658人が感染(国の平均は200人弱)。その大半がオリジナル版より感染力が強いイギリス版コロナ。ダンケルク市長は学校閉鎖を提案したが聞き入れられず、その代わり追加ワクチン2400が送られてきた。

東フランス、モーゼルは感染者の3分の1以上が南アフリカ版コロナ。市長は2月の冬休み前に学校閉鎖を主張したが、答えは同じく追加ワクチンだった。
「ワクチンを打つのは何日もかかる。感染にすぐブレーキをかける措置が必要だ」
全国一律ではなく、地域別の対策をしろと政府を非難している地方議員はこの2人だけではない。

しかし、マクロンは譲らない。譲ろうにも「もうお金がない」のが現実。
1か月ロックダウンにすると経済活動の10~18%の損失、金額にすると200憶ユーロ以上という、日本円にしたらゼロがいくつかわからない数字になる。
もう一年近く部分的失業保険(給料の84%)をとって“何もしていない人”は1200万人を超える。
レストラン業界が騒げば助成金をだし、カルチャー関係(演劇、映画、美術館)が悲鳴を上げればお金を出し、学生には学食1食1ユーロ・・・と、まるで「お札を刷ればいい」というように気前がよかったけど、ない袖は振れなくなったのね。

門限18時は誠に不便で、「許可証を持てば夜でも散歩できたロックダウンのほうがよかった」と言っていたわたしも、この金額を聞くと黙るしかない。
今日は仕事で少し遅くなったので、久しぶりに18時過ぎに(許可証を持って!)メトロ3駅分、歩いて帰ってきた。
この時間でも明るい、日が長くなったのに気づいて嬉しくなる。

place des vosges 18h40

建物が傾いているのではなく、わたしの撮り方のせい。空のブルーに見とれた。

beaumarchais.jpg

春近し!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング


スポンサーサイト



コメント
今日のニュースでは新規感染者の22%が、
更に、デンマークとの国境の町 Flensburgでは新規感染者の1/3 は
変異株に感染しているとのこと。

12月16日から続いているロックダウンは1月中旬頃から下がり始めていたのに、
この数日下がり具合が緩くなって来て、今日発表の昨日の新規感染者は10207人、
1週間前の木曜日は10237人、何っだ、この数、一応は少なくなったけど

ワクチン接種は遅々として、
ファイザーと共同開発しているバイオンテックってドイツにある製薬会社なんですよ。
「EMA」 ( 欧州医薬品庁、ブレグジットためロンドンからアムステルダムに移転した)
の認可が中々降りなく、
EUを脱退している英国が、さっさと買い付け、すごい勢いで接種が始まってしまった。

そして、ある国の大統領がバイオンテックの社長と直談判して、70%上乗せして払うからって
サクサク話しがまとまってその国にどどーっと流れてしまった。

EU用にはもう微々たる量しかなくて、EU加盟国ほとんどの国が、国民の3-6%がやっと終わりました。

メルケルさん、9月末には希望者に行きわたるなんて会見でおっしゃってましたけど・・・

10万人中の1週間値は57人まで下がったけど、これもこのところ下がり方が緩いし、3月の中中でロックダウンは終わりなんて、一寸無理っぽくなってきました

スーパーマーケットでの買い物に1週間に1回(他の商店は閉業)行って、
あとはひたすら閉じこもり生活。
人とすれ違う際に距離が保てるような公園、森なんか夫と毎日1時間くらい歩いて、
それも飽きた。
人に会いたい、一緒に食事したい、飲みたい、寂しいです。

2世帯で会う時は大人が3人以下という決まりがあって
私たち夫婦と息子たち娘たち大人6人で同時に会うことはできなくて
工夫しながら2世帯でおとな3人になるように配分して。
もう嫌になったわ、でも我慢です

学校もお休み、州によって先週からクラスを半分にして、小学校は授業が始り、
私の州でも来週から始まります、でも大丈夫かな?
子供たちは本当にかわいそう。



フランスはもう南アフリカの変異株が流行り始めてるんですね。ワクチンが効かないらしいので主流になってくると相当ヤバいです。日本もどうやら英国株以外が見つかったようで陽性者は減ってきたけどまだまだ予断を許さない状況。五輪なんてとんでもないです。

しかし…お金ないからロックダウンできないしワクチンの効かないアフリカ株が流行ってるしとなってきたらフランスはいったいどうなっちゃうんでしょう。
ドイツ政府のけちけち出し惜しみで財政赤字は低い所でおさえられていました。
それでロックダウンが可能なのです。
でも保障の対象にならない人もたくさんいて、大変だと思います。

ショルツ財務大臣が、袖を振ってくれる限り まあまあ大丈夫かな。
夫は、ドイツは未だお金を持っている、なんて言ってますが

どこまで持つのでしょうか・・・

バイオンテックの社長の記事があります
私が書くよりよほど読みやすい
当時は、救世主、ヒーローのごとくの扱いでしたよ

新型コロナワクチン開発〜トルコ系ドイツ人夫婦の軌跡 – 医療法人 若葉会 さいたま記念病院 (saitamakinen-h.or.jp)

Re: のりこ様
前のコメントも興味深く読みました。ありがとうございます。
ドイツはEUで一番裕福な国ですからまだありそうですね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ