フランスの子供がマセてる訳

フランス 子供

9月10月はなぜか誕生日が多い。よく考えれば、クリスマス休暇にできた子供たちだ。納得。娘も毎週のように誕生日に呼ばれているが、10歳を境に誕生パーティーが一変した。それまでのゲームをしたり、公園にいって遊んだりというのは“子供”の誕生日で、10歳からはラ・ブーム(ダンスパーティ)だ。ソフィ・マルソーを有名にした映画「ラ・ブーム」もそれをテーマにしたもの。でもあれは16歳じゃなかったっけ。先週の土曜日に娘が呼ばれたブームは、30人の女の子、男の子が招待されて5時から9時まで。うっすら口紅などつけた娘は5時が待ちきれず、早めに行きたいという。「向こうも準備があるんだから、早く着いたら迷惑よ」というあまり効き目のない説得をしていると、息子が「一番につくのはブスって決まってる。スターは気をもたせて遅れて着くもんだ」。これはてきめん効果があって、娘はすぐ「私、遅れていくわ」。割れ鍋に綴じ蓋の兄妹だ。9時に迎えに行くと、サロンはテーブルも椅子も運び出してダンスフロアになり、ミラーボールが光をちりばめる中で子供たちが踊っている。パーティ用にレンタルで借りたそうだ。親もがんばるなあ。汗びっしょりで頬を上気させた娘は「スロー、10回も踊っちゃった」と興奮冷めやらぬ様子。10歳からこれじゃ、先はどうなるんだろう。そんなに早く大人にならなくてもいいのにね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ