労働総同盟の発表では300万人、警察の発表ではその半分以下。開きが段々大きくなるようだけど、1月29日のゼネストより多くの人が道に繰り出してデモに参加した。

お金持ちを優遇する税制、不況を理由に相次ぐ解雇、教職員の人員削減、購買力の低下・・・国民の不満と不安に耳を傾けないサルコジ政府への怒りが人の波になって表明された。

14時。デモ隊のスタート。ただ漫然と歩いているのかと思ったら、労働組合ごとに「はーい、位置について!」と整列してスタートしている。

startpetit.jpg

こちらはブルーでまとめた別の労働組合

blue2petit.jpg

16時を過ぎると高校生のデモ隊登場。ロックのバックミュージックに缶ビールでお祭り気分。一瞬、テクノ・パレード?
lyceepetit.jpg

TF1の20時のニュースに現れたフィヨン首相は、政策を変えるつもりはないと発表したので、不満と怒りはさらに膨れ上がりそうだ。

もうひとつ、フランス人が怒っているのが教皇ブノア16世の発言。カメルーンを訪問した際に「コンドームを配ることはエイズ予防に役立たない。むしろ問題を深刻化させている」と言い、“禁欲”を奨励した。
コンドームがエイズの“解決策”ではない、というのがこれまでのヴァチカンの立場だったけど、「むしろ深刻化」「禁欲をお薦め」の発言は、各国に強い反論を起こしている。
フランスの外務相スポークスマンは「公共衛生と人命保護の政策にとって危険な発言」

「またまずいこと言っちゃった・・・」評判のよくないブノア16世
benoit16.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑をクリックして応援していただけたら嬉しいです。ランキングに参加しています。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ