Victor&Rolf

H&M

2004年のカール・ラガフェルド、2005年のステラ・マッカートニーに続いてH&Mがゲスト・デザイナーとして招いたのはヴィクトール&ロルフ。テーマはAmourで、胸に大きなハートがついたシャツ(メンズのセーターにはハートを射る矢がついている)、すそ広がりで女らしいフォルムのトレンチやドレスなどロマンチックなデザインが多い。愛の行き着くところと言えば(?)結婚、話題のマリエ(ウエディングドレス)は、胸いっぱいに広がるリボン、そこから流れるようなラインで298ユーロ。簡単には手の届かない高級デザイナーを大衆ブランドに呼んでくるというのはなかなかいいアイディア。以前、モノプリにイザベル・マラン、靴のアンドレにガスパール・ユルキエヴィッチもコレクションをデザインした。デザイナー、ブランド双方のイメージアップになる。次はシャネルがユニクロに・・・なんてありえないでしょうね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ