FC2ブログ

案ずるより作るは易し

ずっとキッシュやタルトは難しくで自分で作れない、と信じていた。
ある日決心して、サーモンとほうれん草のタルトを作ったら、なんだ、私にもできるじゃない。
それ以来、時々作る。ラタトイユとローストチキンの残りで作るタルトはなかなか美味しい。
外で食べるのよりあっさりしているのはバターの入れ方が足りないから?
ま、そのほうがお医者さんから減量を言われている夫にはいいかも。

クスクスも、絶対うちでは作れないと信じていた料理。
野菜と肉は別々に準備して、セモリナをふやかす時はダマにならないように注意して・・・と話に聞いてご遠慮していたけど、このレシピを読んだら、なんだかできそう。
試してみたら、かなりそれっぽい出来上がりになった。

今回は羊肉(Agneau)のクスクス。

なんだかごった煮のよう。見かけは悪いけど、実は美味しい。

couscousmaison.jpg

さて作り方。
羊の骨付きを1kg、ぶつ切りにしてもらう。日曜日の朝市で1kg、14ユーロ前後。野菜はニンジンとズッキーニを合わせて肉と同量くらい。カブやキャベツを入れる人もいる。

たまねぎをザクザク切って、オリーブ油で炒め、羊肉を入れ、焼き色をつける。
3㎝くらいに切ったニンジンを加え、塩、epices pour couscous(クスクス用スパイス)を適宜ふりかける。本当はこのレシピにあるように色々なスパイスを入れるべきなんだけど、この混合スパイスでも結構それなりの味になる。
ヒタヒタの水とトマトピューレ大匙2、ブイヨン(羊だったらフォン・ド・ヴォー、鶏肉ならチキンブイヨン)を加える。
30分くらい煮込んでから、2-3cmに切ったズッキーニを加えて、さらに私は1時間近く煮込む。普段はアルデンテな野菜が好きな人でも、クスクスはクタクタ煮たほうが美味しい。

セモリナだって、熱湯をかけて3分で出来上がりというインスタントラーメンみたいなのがスーパーに売っている。これは香辛料入りセモリナ。

couscous2.jpg

結果的には肉と野菜が一緒に作れて“簡単料理”のジャンルに入れてもいいくらい。
是非お試しあれ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします






スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
アーカイブ