FC2ブログ
娘が友達とコロニーに出かけた。
コロニーは、夏のバカンスの間に区や市や、民間の会社が企画する、臨海・林間学校だ。
学校のバカンスは2ヶ月と長く、フランス人といえども親はそんな休みを取れない。テレビやパソコンの前で、一日中グーダラされると鬱陶しいので、親たちはコロニーに送り出したり、おじいちゃん・おばあちゃんの家に預けたりするのだ。

娘の参加するコロニーはオレロン島。アバウトにどの辺というのは知っていたが、地図で調べたら、ラ・ロッシェル(大西洋岸の真ん中あたり)のちょっと下だ。10日間で、サーフィンやカヌー、乗馬などがメニューになっている。対象年齢は6歳から13歳。

colo1.jpg

サーフィンは、50m泳げる証明書がないとやらせてもらえない。
colo3.jpg

林間学校にはターザンごっこがつきもの・・・
colo5.jpg

部屋は4人部屋が多い。
colo_chambre.jpg

このコロニーはパリ市の企画で、参加料金は親の収入にスライドして変わる。10日間、3食オヤツ、すべてのアクティヴィティ、往復のTGV込みで、平均4万円くらいではないか。

集合時間に駅に送っていくと、40人くらいの子供が集まっている。10歳以下の子供が多いので、娘たちはがっかりだ。
「ガキばっかり!」
同じ年頃のかっこいい男の子たちを期待してたらしい。
「モニター(引率者)のお兄さんがかっこいいじゃない」と慰めると、
「ママン!あれ、25歳くらいのオジサンじゃない!」
はあ、そうですか・・・
娘たちは、希望をなくした暗い顔で出かけたが、2日後、元気なSMSがきた:コロ(コロニーを縮めてこう呼ぶ)はメチャクチャ楽しいよ!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
アーカイブ