というと、評判になって混んだらいやなので教えたくない、と思うでしょ?でも全然そうではない。
映像デザイン会社Dekobotの面々に連れていってもらったレストラン。美味しくて、レトロな雰囲気が良く、値段が良心的、と殆どの条件を満たしているのに、ちょっと遠い。
8番線のドメニルの駅から歩いて10分から15分。近くにあったらぜったい常連になるんだけど残念だ。

レストランの名前はZYGOMATES(ジゴマット)、モダンな響きで、この雰囲気には“シェ・ピエール”とかのほうが似合う気がする。余計なお世話ですけど。

お昼のコース、アントレ・メイン・デザート・コーヒーまでついて15ユーロ。
カフェでサラダ・ニソワーズ、12ユーロが珍しくないパリでは感激の値段である。

本日のメニュー:アントレは、トマトのツナ・リエット詰めか、

tomate farcie

タズィキ(ギリシャ料理で、キュウリの千切りのヨーグルト和え)
taziki.jpg

メインはバヴェット・ステーキのベアルネーズソースか、

bavette.jpg

鶏のバスク風煮込み(鶏もも肉をトマトやピーマンと煮込んだもの)か、

poulet basquaise

メルラン(タラの一種)のムニエル

merlan.jpg

私はツナ・リエットに、メインはバヴェット・ステーキにする。
バヴェットは、牛の図解で見ると22番。

2654270morceaux-boeuf-gif.gif


ちょっと歯ごたえがあるけど、味のある部分。
この牛の解体図を見るたび、こんなに全身食べちゃうんだ、やはり肉食人種であるなあ、と感心する。そのくせ、私が魚の頬は美味しい、とか言うと、みんなびっくりした顔をするのだ。

デザートは、イル・フロッタント、チョコレート・ケーキ、フロマージュ・ブランなど、おなじみの定番だけど、丁寧に作られている。

gateau choco

お腹がいっぱいになって、お店の古き良き内装と、レトロな目覚まし時計のコレクションに気づいた。
ワインボトルの上に並んでいるのがそう。
夜のメニューはどうするべ、と相談しているシェフとオーナー。

interieur2.jpg

ZYGOMATES(ジゴマット)って何か意味があるに違いない、と気になって辞書を引いてみたら、ZYGOMAは頬骨のことで、ZYGOMATESは微笑んだときの顔の筋肉のことだそう。
美味しくてついニッコリ、という感じだろうけど、解剖学的なネーミングである。

ZYGOMATES
7 rue de Capri 75012 Paris


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ