ツイてない日

というのはあるもんだ。何もしていないのに-日曜日の朝市で数日分の食料を買ったくらいなのに-ぎっくり腰になりかかっている。
なった人だけにわかる、いやな予感の痛み。
前になったときは妊娠7ヶ月で引越しをした、という歴然とした原因があった。今回は妊娠も引越しもしていない。年、なんだろうか?
本格的にならないようにソロソロと歩いている。赤信号になりかけを全力疾走(?)で横断する、なんてことはできない。

その午後、考え事をしながら歩いていたら(家を100m過ぎていた、なんてことはよくあるけど、今回はもっとひどい)工事現場の鉄柱に正面衝突した。イテテテ・・・しかも目の下にぶち当たった。
なんでこんなとこで工事!昨日までなかったじゃん。

でも触ってみたら大したことなさそうなので、そのまま放っておいた。
今のオフィスは以前、男ばかりだったので鏡というものがない。うちに帰って鏡を見たら、ギャッ!殴られたボクサーみたいに目の周りが黒くなっている。
「どうしてそんなものにぶつかれるの?」「キャ~とか叫んだんだろ」と子供たちがゲラゲラ笑う。
人の災難を笑ってはいけません。

そこへ帰ってきた夫は「僕が殴ったみたいじゃないか!」と迷惑そう。暴力夫が少なくないフランスでは、確かに真っ先に疑われるのは彼だ。
鉄柱にぶつかったなんて恥ずかしくていえないから、そういうことにしておこうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ