珍しく熱を出して寝ていたら突然騒がしいので、降りていったら娘が5人も友達を連れてきてじゃれ合っていた。女の子が4人に男の子2人。誰かが弟を連れてきたのかと思ったら同級生だって。

fillesgarccedil;ons

女の子のほうが男の子より早くマセるのは世界共通だけど、フランスではその差が目立つ。
この子たち、みんな中学4年生。といっても落第してるわけではない。
フランスの小学校は5年間で、中学が4年間。中学6年生から始まり、数字が少なくなっていく。つまり彼らは日本の中学2年に相当する13歳だ。

女の子はヒールの靴を履いてるのもいれば、毎日アイラインを入れてくる子もいる。イーストパックにはデオドラントのスプレーが必ず。服はH&MやZARAのソルド。みんな自分に合ったスタイルを見つけようとして、わりと成功している。

片肌脱いだボーダーシャツにショートパンツ。ショートパンツの子は多い。

Rebecca.jpg

グレイのワンピースに同色のストッキング。ショートブーツまでグレイだった。みんな色はとてもベーシック。
ユニクロの運命はいかに?

Nora.jpg

一方男の子は小学生のときと変わらないスタイル。

Urysse.jpg

彼らのおしゃべりを聞いていると精神年齢も女の子のほうが高いので(人数も多かったし)男の子はなかなか太刀打ちできない。そこで彼らが出す切り札は“三枚目”。おどけたり可笑しなことを言って笑わせる。
13歳の男の子も苦労が多いようだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ