猫のカップルの年齢差

「猫、飼ってもいい?」
「うちに一匹いなかったっけ?」
「アタシになつくアタシの猫が欲しいのよ!」
娘のカミーユとのやり取りが始まって1年。

猫はテリトリーにこだわる動物だ。6年間も“一人っ子”として暮らしたアナイスが新入りを歓迎するとは思えない。
「雄ならいいんだ、ボーイフレンド欲しがってじゃない」
「お見合いさせたの忘れたの?うまくいかなかったでしょ」
「あれは男が意気地なしだったから・・・」

猫は大好きなので優柔不断にしていたら、行動力だけはある娘は、学校の友達に「子猫求む」と触れ回り、子猫が5匹いる男の子を突きとめ、早速視察にいってきた。
「すっごく可愛いエジプトの血が混じった雄猫」
エジプトってアビシニアン?「だったら早く連れてらっしゃい」というわけで、秋休みに入る前日、子猫がうちにやってきた。5匹の中で一番元気がいいという雄猫だ。

tama.jpg

名前はタマだって。ラムセスとかのほうが似合いそうだけど娘の猫だ、仕方ない。
アナイスが飛び掛ったりするとヤバイので娘の部屋に閉じ込める。

アナイスおばさんには悪いけど、子猫の仕草や表情は圧倒的に可愛い。

tama_dodo.jpg

当面、無関心を装う中年猫。

anaisjulien.jpg


夜遅く、娘の部屋で子猫と遊んでいたら、カリカリという物音。えっ!またネズミ!とギョッとしたら、アナイスがドアを引っかいている音だった。
でも部屋に入ってくるわけでも子猫に興味を示すわけでもなく、私を見上げ「あんた、こんなとこで何してるの?早く帰ってらっしゃい」と迎えに来たのだ。嫉妬ですね・・・

アナイスは6歳、猫の1歳=人間の7歳というから42歳。
40歳という年齢差、しかも女が年上。猫の世界では年齢差なんて関係ないんだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ