パリの日本食品店でアルバイトを始めた息子、日本食オタクのフランス人客が増えて、答えに詰まる質問もあるそうだ。
「ヨードの入った抹茶はどこ?」
「は?!」
「ヨード入りのがこの店にはあるって聞いたんだけど」
「抹茶はそこにあるだけで・・・」
この人、抹茶と海藻を混同してない?
オーガニックの納豆を求めてやってきたマダムもいたとか。

フランス人のお父さんと日仏ハーフの子供。
「ママンがいってたお米はこれだっけ?」
「そうだよ」
「ほんとに、間違いないか?」
「これだってば」
「もし間違えると、また怒られるから電話してみよう・・・」
うちと同じ、と笑いをこらえる息子。

年末のパーティでお寿司を作ろうと意気込む若い男性。
「お寿司のお酢はどれ?」
「こちらです」
しばらくして同じお客が追いかけてきて、
「お寿司ののりはどこ?」
のりのコーナーまで案内していく。
ほかの仕事をしていると、そのお客がまた、
「お寿司のわさびはどこ?」
「まとめて聞けないのか!」と言いそうになった。

アルバイトの日は、残ったお寿司や賞味期限切れのものをもらってくる。
から揚げの次は、ラーメンを3か月分くらい。その次は冷凍の餃子(冷凍でこれだけ美味しいなんて!作る気なくす・・・)。
今夜は何を持ってくるかしら?と楽しみに待つ私。その昔、狩にでかけた夫を待つ妻の気持ちがわかるようだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ