FC2ブログ

フランス式田舎パーティ

フランス 田舎

12時間ノンストップで食べて踊ってシャンパン飲み放題という、恐ろしい田舎の週末から戻った。夫の従兄弟ジャン・ピエールが60歳の誕生日を70人招待して祝ったのだ。ジャン・ピエールは家業のシャンパン製造を継いで、Royer&Filsというシャンパンを造っている。彼らが結婚式や誕生日をやると、シャンパンだけは惜しみなく振舞われる。正午過ぎから始まったフェット(パーティ)、まずはスープ・ド・シャンパーニュと呼ばれるシャンパンとジュースの食前酒に始まり、わいわいがやがや、やっと席に座ったのが2時、シャンパンが開き、オードブルのクリームソース詰めパイが運ばれてきた。食べ終わるともうダンスが始まる。次の魚料理は、ヒメジの包み焼き、白ワインが開けられる。食べ終わるとダンス。この段階で3時を過ぎている。タバコを吸いに外に出て戻ってみると、トゥルー・ノルマン(食事の中間で飲む強いアルコール、消化を助ける)が待っていた。グラン・マルニエのアイスクリームにたっぷりリキュールがかかっている。そうとは知らず「わっアイス!」と食べた娘がひっくり返った。そしてまたダンスタイム。この頃になると、一皿食べる→お腹ごなしに踊って汗をかく→また1皿食べる、を繰り返していれば、長時間に渡って飲み食いできるという、田舎パーティの恐ろしいメカニズムがわかってくる。しかも田舎のおじさん、おばさんたちは村のダンスパーティで鍛えているから、みんな踊れるし、踊るのが大好き。滅多にないダンスの機会とあれば気合の入れ方が違うし体力も違う。トゥルー・ノルマンの後は肉料理、赤ワイン、チーズにサラダ、デザートと続き、“昼食”が終わったのが午後6時すぎ。この後も飲んで踊るが続き、10時には夜食がでて夜中の12時過ぎまで続いた。ちなみに翌日曜日も「残り物で続けようぜ」と、フェットは続く。さて、日本人の胃と肝臓でこのようなパーティに付き合うコツは:

?アペリティフ、シャンパン、白、赤ワインと混ぜないほうがいい。今回はシャンパン屋のパーティなので、私はリッチにシャンパンで通した!

?料理の全体量を把握し、食べられないものはパスする(フランス人でもパスする人がいる)。

?踊れなくても人目を気にせず踊る。結構楽しい。

写真はパーティ2日目のジャン・ピエール。輝く白髪、肌はつやつや、体重120kg!

娘とジャン・ピエールのお嬢さん2人



スポンサーサイト



コメント
--s;0o
友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
アーカイブ