フランスでスキーをするには

フランスの右下にはAlpes du Nord(北アルプス)、Alpes du Sud(南アルプス)、その上にはJura(ジュラ)、Vosges(ヴォージュ)、六角形のフランスの真ん中下あたりにはMassif central(中央山塊)、スペイン国境沿いにはPyrénées(ピレネー山脈)・・・これらの山岳地帯に大中小のスキー場が点在していて、その数はざっと数えただけで200以上、フランスのスキー人口は多い。

ski.jpg

スキー場の分布を眺めていると、地理に弱い私などには大変良いお勉強になる。
「こんなとこにイタリアがいたなんて!」(もっと南にあると信じていた)
「南仏の人は年中気候がいい上、スキー場が近い。ズルイ!」など、あまり人に言えない発見が多い。
このサイトのトップに分布図があります。

ジュラやヴォージュ、ピレネーは標高が低いので、最近の暖冬では雪がたっぷりなかった。勢い、アルプス側にスキー客が集中する。

学校の2月の休みは別名スキー休みと呼ばれ、フランスのスキー場を繁盛させるために生まれた休暇だとか。
フランス人の考えそうなことだ。
さらにフランスをABCの3つのゾーンに分け、休みを1週間ずつずらしている。スキー場が一度に混まないようにという配慮。
バカンスが命というフランス人じゃなければ考えつかない。ゴリッパ。

ABCがどのようになっているかというと、
Aゾーン:グルノーブル、リヨン、モンプリエ、ナンシー・メッツ・トゥールーズなど。
Bゾーン:マルセイユ、ディジョン、リール、リモージュ、ニース、ストラスブルグなど。
Cゾーン:パリとイル・ド・フランス、ボルドー。
と、地図が頭に入っている方はすぐお気づきのように、どういう原則で分けたか全くわからん分けられ方をしている。どうやって決めたかご存知の方がいたら教えて欲しい。

さて2010年のスキー休み、
Aゾーンの方たちは2月13日~3月1日、
Bゾーン2月6日から22日、
Cゾーン2月20日から3月8日で、つまりパリは一番最後。
その代わり来年度はCゾーンから休みは始まり“恨みっこなし”という仕組みになっている。

この時差休暇、混みあわないためには確かにすぐれた方法だが、うちの子供はディジョンに住む従兄弟と一緒にスキーには行けない。ディジョンの休みが終わると、パリの休みが始まるからだ。

私たちがスキー場に行くと、一番感じ悪い(?)とされているパリッ子と、一番誇り高くて排他的と言われるボルドレ(ボルドー住民)でほぼ占められているいる、という状況だ。
でも現実には、嫌な思いをしたことはないけどね。スキー場があまりないイギリスやベルギーから来ている人にも出会う。
次回はスキー滞在のピンキリ料金のことをお話します。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします

スポンサーサイト
コメント
シャモニー
はじめまして!
毎回楽しみに拝読しております。他ブログのものです。
3年前にスイスへスキーに行った時、雪がなくてシャモニーまで足を延ばしたのですが、スキー場でフランス語が全く聞こえてこない。聞こえてくるのはブリティシュイングリッシュのみという状態でした!周りはイギリス人だらけ。シャモニーはイギリス人が多いのでしょうか?それともたまたまイギリスの団体さんと一緒だったのか未だに謎です。。。
Re: シャモニー
はじめまして。
イギリスにはまともなスキー場がないらしいですよ。私もあちこちでイギリス人に会うし、イギリスに住んでいる日本人家族に出会ったこともあります。でも英語しか聞こえなかった、というのは団体かもしれないですね。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ