フランス人とお醤油

友達(フランス女)とお昼をする約束をしたら「日本食がいいわ、おスシなんて最高」。
お昼時の日本レストランはどこも混んでいて、待たされて、サービスも荒っぽいので避けたいとこだけど、ご希望なら仕方ない。
珍しく約束の時間きっかりに着いて、待っている間に周囲のフランス人を観察していた。

隣の男2人、一人は握り定食、もう一人は鮭の塩焼き定食。後者は、鮭が運ばれてくると、その上にしょうゆをドバっとかけ、鮭をほぐしてご飯に混ぜ始める。気持ちはわかるけど、外ではあまりしないんだよ・・・

そこへ友達が息を切らせて現れた。自転車で来たんだと。メニューを眺めて、
「あなたは何?」
「ちらし」
「じゃ私も。でも鮭もマグロも食べないの」
エコロジー・ジャーナリストだった彼女は、撲滅の危機にある動物・魚は食べないんだという。徹底している。
注文を取りに着た人に「ちらし2つ。ひとつは鮭とマグロなしで・・・」と言いかけたら、鮭とマグロをとったら何もない、という。彼女は納豆定食とうな丼の間で迷い、結局うなぎに。

甘辛のタレがたっぷりかかったうな丼が運ばれてきた。そしたら彼女は、そのタレの上にしょうゆをどばっとかけるのだ。料理研究家で、日本にも何度か行って日本食通の彼女が!「ブルータスよ、おまえもか」と言いたくなった。
隣のカップルには天ぷら定食が運ばれてきた。海老と野菜の天ぷら(美味しそう!次回はあれにしよう)。
彼らは、天ぷらのひとつをつまんで「コレはナンダ?」と2人で不思議がっている。
「野菜?」
「うん、でも何の野菜だろう?」
見ると、インゲンを束ねてコブで縛って揚げてある。そんな形で生えている野菜があるわけないだろ。
思わず「インゲンです」といったら、ほっとした様子で食べ始めた。
間もなく天ぷらカップルが「おしょうゆ貸してください」。天つゆがあるだろうに・・・

フランス料理はそんなに塩辛くないのに、ご飯や料理にしょうゆをかけるフランス人は多い。そういう人たちのために、京子食品が“飯ダレ”というのを開発して、売れているそうだ。
あんまりかけると後で喉が渇くし、身体にもよくないですよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ