歩いて外には出られなかった3月。4月になってリハビリに行くようになり、八百屋さんの店先に苺がたくさん並んでいるのを見て、苺の季節になったんだ、と気づいた。
朝市も私の(大好きな)役目だけど、ずっと夫に任せっきり。
市場で材料を見て「××の季節だ、○○を作ってみようか」が楽しいのに、つまらない。でもセ・ラ・ヴィ。

5月の2週目、初めて市場に“復帰”できたときは嬉しかった。
行きつけの八百屋やチーズ屋から「しばらく顔を見なかったね」「脚、どうしたの?」と言われ、季節物の苺やアスパラガスをおみやげにもらったりした。

シチリア産のトマトが出てきた。味が濃くて美味しい。
marche1.jpeg

調理器具を安くで売っている屋台。突然、エッフェル塔があるのはなぜ?

tour1.jpeg

肉屋さんで“自家製・子牛の挽肉”(肉屋なんだから自家製は当たり前じゃない!)を見つけて、クルジェット(ズッキーニ)の挽肉詰めを作ってみようと思い立つ。
「初めてだから保障はしないわよ」と予防線を張りつつ試食したら、なかなか美味しい!

courgettes1.jpeg

作り方はいたって簡単:
材料4人分
挽肉400g(羊、子牛、豚、合挽きなど)
太目のズッキーニ4本
卵1個
エシャロット大1個
クミンシード大匙2
タイム大匙1
ニンニクひとかけ
パン粉適宜
① ズッキーニは縦2つに切り、スプーンで種の部分をくりぬく。
② くりぬいた部分を細かく切る。
③ 挽肉に、②と、エシャロットのみじん切り、卵、クミンシード、タイム、塩・コショウをいれ、よく混ぜ合わせる。
④ ズッキーニに③を詰める。
⑤ ニンニクのみじん切りとパン粉を混ぜ、④の上にかける。
⑥ 180度のオーブンで25分から30分焼く。

半分にトマトの角切りを散らせてみたけど味は殆ど変わらないので、次回からはナシ。

一年中あるけど、これからが季節のズッキーニ、太陽の香りがする野菜だ。一度お試しを。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ