5月の第四日曜日がフランスのハハノヒ、Fête des mères。この日曜日が聖霊降臨祭(復活祭から7週目の日曜日)と重なると、6月の第一日曜日にずれ込む。
母の日の朝市は、ブーケを抱えた人と多くすれ違う。フランスでは、クリスマスの次にプレゼントをあげる日だとか。誰だって、母親から生まれているものね。
でもフランスで母の日がカレンダーに記されるようになったのは1941年のヴィシー政権下と遅い(アメリカが先駆者で1908年)

fetedesmeres.jpeg

さて母の日に贈られて「最も嬉しくなかったもの」のアンケート調査を見つけた。
1位:小麦粉粘土のネックレス。
小麦粉と塩で作るPâte à selは、陶器のように焼けて色づけできるので、幼稚園の工作でよく使われる。コーヒーカップだったら飾っておけるけど、ネックレスを贈られて「会社につけて行って」なんて言われると非常に困る。
2位:ミキサー
もっと美味しい料理を作れっていうメッセージ?
3位:掃除機
2位と同種のプレゼント。もっとちゃんと掃除しろってこと?
4位:電気脱毛器
毛深くて“お父さん”みたいだって言うの?!
5位:「世界一のお母さん証書」
会社に持っていって壁に貼ろうとしたら、隣の同僚も同じようなのを貼っていた・・・
6位:エロチックなゲーム
バレンタインデーにお父さんが誰かから贈られたプレゼントの使いまわし?セクシーギャルなどのロゴがプリントされたパンティも発案者はお父さんでしょ!
7位:家族の写真がプリントされた特注ゴルフボール
家族に腹が立ったとき投げつけたくなる・・・
8位:Wii
子供が欲しい、でもクリスマスまで待てない。
9位:Damart
薄手だけど暖かい下着。着心地はいいけど“最もセクシーじゃないランジェリー”の代名詞。
10位:ワイン
アル中になれっていうの・・・?

私は小麦粉ネックレスはもらわなかったけど、一番嬉しかったのは手作りのプレゼント:自作の詩が書かれたカードや似顔絵・・・幼稚園や小学校で“強制的”に作らされたものなので、子供たちが大きくなってからはもう期待できない。あの頃は可愛かったわね・・・
それに私の場合、誕生日と母の日が隣接しているので「立て続けに出費」という印象になるらしい。
今年は何かもらえるのかしら?


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします


スポンサーサイト
コメント
へぇ~
確かに小麦粉粘土のネックレスや脱毛器具はもらっても嬉しくないけれど、ミキサーとか掃除機が嫌がられるとは。意外!

私がパリに住むと決めた理由は、文化や物を大切にする心(パリには色んな修理屋さんがあると聞きました)、質素ながらも豊かな暮らしに憧れてこの街に住もう!と決めました。

他にも、ノーブランドに積極的なことも聞きました。確か夜中に、人々がメトロに赴いて広告に落書きしたって言うのも聞いたことがあります。(まさか私がそんなことしたいわけがありませんがe-263)
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ