大富豪・愛人・盗聴器・・・

事実は小説より奇なり。推理小説よりずっと面白いスキャンダルだ:
リリアンヌ・ベタンクールはロレアルの相続人で、その財産は世界長者番付17位、140億ユーロ(ここまでゼロが多くなると計算に自信がないが、1兆6800億円)。
87歳という年齢は(いくらロレアルでも)隠せないが、ご覧の通りエレガントでまだ魅力だ。

Liliane-Bettencourt.jpg

彼女にはフランソワ=マリー・バニエという25歳年下の愛人がいる。写真家で著書もある。
この愛人にリリアンヌ・ベタンクールが800万ユーロ(9億6000万円)貢いだのを娘フランソワーズが知り、母親が耄碌しているのにつけこんだとしてバニエ氏を訴えた。1年半前のこと。
母のほうは「私は全然ぼけてなんかいない。自分の意思でプレゼントした」と主張、傍目にもぼけているようには見えないのだ。
娘と、母の愛人バニエ

bettencourt-banier.jpeg

公判が7月1日から始まろうというとき、娘が、母宅の会話を盗聴したCD 28枚を裁判所に提出した。
2009年5月から1年間、盗聴器を仕掛けて録音したもので、「母がぼけていて、度々ゆすられたり強要されてお金を-特に愛人バニエに-あげていることの証拠」としてだ。

盗聴されていたヌイイーのリリアンヌ邸
maisonbettencourt.jpeg

財産をめぐる諍いは珍しくないけど、その桁外れの額と、母と娘が公に争うことで注目されていた。
盗聴器は、娘の執拗さと敵意をさらに浮き彫りにする。
140億ユーロもあるんだから、母親が人生の黄昏時に最後の愛人に貢いだっていいじゃない!
娘は今年60歳。生きている間、利子だけでも超贅沢ができるお金があるんだから・・・

反面、税金もすごいはず。裁判に向けて、リリアンヌと愛人の財産を調べていた税務署は、スイスに隠し預金7800万ユーロがあることを嗅ぎ付けた。さらに彼女名義のセイシェル島の島(5億ユーロ)も申告漏れになっているのが発覚した。

・・・あんまりゼロの多い金額を書いていたら、頭痛がしてきました。この続きはまた書きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ