バテ猫たち

毛皮は暑いだろうね。猫たちは昼間グッタリと寝てばかりいる。少し涼しくなると活動を開始して、雄猫のタマは外に出たがる。夜、外から帰ってきて中庭でバッタリ出会うことがあるし、昨日はほかのアパルトマンに上がりこんですっかりくつろいでいた。

無防備な姿、気持ち良さそう
baretama1.jpeg

自慢の脚線美
batetama2.jpg

猫は涼しいところを探すのが得意
batetama3.jpeg

先着猫アナイスは女性なので、あまりしどけない格好はしない。
bateanais2.jpg

パソコンの上、余計暑いのに・・・
bateanais3.jpeg

アナイスと、後から来たタマは仲が悪い、というよりアナイスが嫉妬して、円形脱毛症になった。
タマが、アナイスおばさんに関心を示して後をつけ回し、アナイスが歯をむき出して怒る、という繰り返しを飽きもせず一日中やっていた。
「性的葛藤をなくしたら仲が良くなるはず」という獣医さんの意見を聞き-それに子猫がたくさん生まれても困るし-2匹揃って避妊手術をしたんだけど、仲はあまり変わらない。
でも時々、屋根の上で2人寄り添って座っていて、私が現れるとパッと離れたりする。
人間が見ていないとこでは意外と仲がいいのかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑ランキングに参加しています。よろしくお願いします



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ